スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRT バイパー GTS トミカ No.11

VIP-GTS-00-1.jpg
本日は、トミカ No.11 SRT バイパー GTS です。
発売日購入したのですが、(体調不良により)中々アップ出来ず、先月のトミカになりましたが、あしからず。
ところでSRT バイパー GTS、シボレー コルベット Z06のフロント部分(ショベルの先端見たいにまっ平)の出来の悪さを指摘されて頑張ったのか、SRT バイパー GTSのフロント部分&フォルムは、それなりに良く出来てたと思います。しかし、そのせいか?ドア開閉、オマケにサスペンションのギミックも無くなってました。サスペンションを省略して車高を低くしカッコよくしてるのらなエエのですが、サスペンション付きのものとなんら代わり映えしない車高に・・ガックリでした。

VIP-GTS-01-1.jpg

なんのギミックも無しの時は、せめてヘッドライトを透明パーツにするとかマフラーの出口を色塗りスルとか何かシて欲しいものですね。100円値上がりして損した感の多い今月(先月)のトミカSRT バイパー GTSでした。

VIP-GTS-01-2.jpg


それでは、ダッジ・バイパー について・・・・
バイパー 、ヴァイパー(Viper) はクライスラー社の一部門であるダッジ及びSRTから発売されているアメリカンスポーツカーである。
バイパーはクライスラーから請われてフォード・モーターより移籍してきたボブ・ラッツ主導のもと、当時北米のマッスルカー市場で大きなシェアを得ていたゼネラルモーターズのシボレー・コルベットに対抗できるスーパースポーツとして企画された。
開発コンセプトは1960年代後半に登場したスポーツカーシェルビー・コブラ を意識したものと言われており、開発スタッフにはコブラを造ったキャロル・シェルビーも関わっていた。

VIP-GTS-02-1.jpg


1989年に北米国際オートショーにてコンセプトカーが発表され、1991年に1992年モデルイヤーとして市販モデルが登場した。
当初は3年間だけ少量限定生産する計画であったが、発売後大きな反響と共に想定以上の売り上げをたたき出したため、予定を変更して継続販売されることとなった。

VIP-GTS-02-2.jpg


バイパーはアメリカ車ならではのOHVエンジンを搭載するが、その実はよく見られるV8ではなくV10、排気量は8リッターと市販車の中では最大級である。ベースとなったエンジンは元々ピックアップトラックの「ダッジ・ラム」に搭載されていたもので、当時クライスラーの子会社だったランボルギーニの手によって出力重視にチューンされた。また、ランボルギーニは足回りにも手をつけており、ブレーキもV10のハイパワーに対応すべくブレンボを選定している。2代目モデルのデザイナーは日本人である。

VIP-GTS-03-1.jpg


No.5 シボレー コルベット Z06
T-corvette-05-R.jpg


京商1/64 コルベットC6-R 2007LM

CorvettoC6-R200-02.jpg


なお、バイパーは当初2010年末をもって生産を終了、後継モデルにはスタンスが引き継がれないとされていたが、クライスラーグループ・ダッジブランドのラルフ・ギレスCEOは、「バイパー後継車は計画通り開発が進んでおり、2012年夏には発表できるだろう。」と発言、V10エンジンを踏襲するモデルが予告された。そのモデルは、2012年にブランドをダッジからクライスラーのハイパフォーマンスカー開発部門である"SRT(Street and Racing Technology)"に移し、「SRT・バイパー」として発表された。

VIP-GTS-R05-1.jpg

SRT・バイパー (3代目、2012- )
2012年4月、ニューヨークモーターショーで後継モデル「SRT・バイパー」と上級モデル「SRT・バイパー GTS」が正式発表された。前述の通りブランドはダッジからSRTに変更されたが、メカニズムやコンセプトは従来型のそれを受け継いだ。
搭載されるV10エンジンの排気量は8.4Lと先代から変更はないが、ピストン,インテークマニホールド,エギゾーストパイプなどに改良を施し、最高出力は640hp(約649ps)まで向上、最大トルクは813N・m(83kgf・m)で、自然吸気エンジンとして世界最大であると発表された。


VIP-GTS-06-1.jpg


シャシーのねじり剛性を50%向上させながら、ルーフ,ボンネット,リアゲートにはカーボンファイバーを、ドアにはアルミニウムを使用。これにより先代より45kg軽量化された。

VIP-GTS-000-1.jpg


トランスミッションには従来同様6速マニュアル式を採用、電子制御システムは、マルチステージ・スタビリティコントロール,トラクションコントロール,4チャンネルABSが搭載される。
上級モデルのバイパー GTSはクーペよりさらに軽量な1,476kgに、加えてショックアブソーバーを組み込んだアクティブサスペンションが標準搭載される。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用 最終更新 2014年1月2日 (木) 16:47。

VIP-GTS-000-2.jpg


本日は、トミカ No.11 SRT バイパー GTS です。

明日アップできるかな?(缶コーヒダイドウ光岡自動車画像処理中・・出来悪です)
今日も今日とて時間なし(先月結石で難産でした・・・痛い、痛んよ~・・・・です。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。