FC2ブログ

ダイハツ・コペン(DAIHATSU Copen) ライトウェイト スポーツコレクション アオシマ

DAIHATSU-Copen-148.jpg

本日は、ライトウェイト スポーツコレクション アオシマより
ダイハツ・コペン(DAIHATSU Copen)です。
(2009.12.30.01.20)

今日は順序的には京商フェラーリ7のF40の予定でしたが、撮影した画像良くなかったので、そのうちアップしょうと思ってましたダイハツ・コペン(DAIHATSU Copen)急遽アップすることにしました。(それにしても最近ブログの繋がりが悪く、作ったデータがアップ出来ず消えてしまいました・・・・・ガクッです。

DAIHATSU-Copen-141.jpg
ツーことでアオシマ ライトウェイト スポーツコレクションダイハツ・コペンなのであります。と言ってもネットが復旧たのも結構遅かったので本日もこのまま画像のみアップの見るだけシリーズとなりました。(いっつもやけど・・・・次はがんばります・・・・次は来年か?・・がんばります。)ちなみにミニカーの出来は・・・・こんなもんでしょう。ヘッドライトとテールランプが透明パーツで良いけれど透明プラスチックはめとるだけでライト見たいに見えんのがブーーーですえね!

DAIHATSU-Copen-143.jpg


 それではダイハツ・コペンについて・・・・

コペン(Copen )はダイハツが生産する2人乗り軽オープンカー(軽ロードスター)である。
1990年代に販売されていた「平成ABCトリオ(AZ-1、ビート、カプチーノ)」を彷彿させる軽オープンカー。 軽市販車では世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップ仕様をもつ。
車名はCompact Openから名づけられた。なお、ショーモデル時代の英語表記は「KOPEN(K・OPEN=軽オープン)」だった。
同社の「コンパーノ」の名称の復活も検討されていた。しかし、ダイハツ・新宮会長が新しい名称への意向を求めたために、コペン(KOPEN)となった。後に、日本独自の規格である軽自動車のKからコンパクトカーのCに変え、Copenに落ち着いた。

DAIHATSU-Copen-139.jpg

47kW(64馬力)を発生する直列4気筒DOHCターボJB-DETエンジンを搭載する(現在発売されているダイハツ車で、このエンジンを搭載している車種は同車のみ)。

トランスミッションにはスーパー5速MTおよびスーパーアクティブシフト付電子制御式4速ATから選択することができる。

製造はダイハツ本社(池田)工場第2地区 「エキスパートセンター」が担当し、「D'sus」(ダイハツ社内の技能認定制度)2級以上を取得した熟練技能者の手作業による最終調整が施されている。


DAIHATSU-Copen-140.jpg


ボディカラーの接頭にある「DC-」とはDouble Clear塗装の略で、ホワイト以外はクリア塗装を2回繰り返す5層コートを採用することによって、より深みのある艶やかな輝きを実現している。ホワイトは4層コートである。 また、Double Clear塗装によって、ボディ保護や耐性が上がるとはカタログでは一切記述されていない。

初代(2002年-)
2002年6月19日発売。標準仕様は「アクティブトップ」および「ディタッチャブルトップ」。型式はLA-L880K。 なお、ディタッチャブルトップは、発売当初は受注のみ行い、2002年9月に遅れて発売となった。

2003年7月23日、特別仕様車「1st ANNIVERSARY EDITION(ファーストアニバーサリーエディション)」を発売。 同時にオプション設定として、シートヒーターとカラーオーダーシート(黄/黒・赤/黒)を追加。

DAIHATSU-Copen-152.jpg


2003年12月、ボディカラーのDC-ブラックマイカは廃止された。 2004年5月、排ガス規制の変更に対応し、型式がABA-L880Kに変更された。

第37回東京モーターショー開催記念トミカ コペン

全長を同じに出来なかったけどボディーの厚みがかなり違う!

Copen349.jpg


2004年6月2日、特別仕様車「2nd ANNIVERSARY EDITION(セカンドアニバーサリーエディション)」を発売。 また、従来の「1st ANNIVERSARY EDITION」は「TAN LEATHER EDITION(タンレザーエディション)」と名称を変更して継続される。 同時にボディカラーとして、DC-スチールグレーメタリック、DC-シャンパンメタリックオパールを追加した。


DAIHATSU-Copen-146.jpg

2006年6月14日、特別仕様車「ULTIMATE EDITION(アルティメットエディション)」を発売[8]。 これに伴って「2nd ANNIVERSARY EDITION」は廃止され、レカロシート(レッド・ブルー・グレー)はオプションとして継続販売。同時にオプションのカラーオーダーシートは廃止。 2007年3月、メーカーオプション「スポーツパック」の廃止。

DAIHATSU-Copen-147.jpg

2007年9月10日、特別仕様車「ULTIMATE EDITION II MEMORIAL(アルティメットエディション2メモリアル)」を発売。 伴って、ボディカラーとしてDC-ダークレッドマイカが追加、DC-シャンパンメタリックオパールが廃止された。同時に、ディタッチャブルトップが生産終了。他、オプションに細かな変更が為された。

2008年1月、特別仕様車「ULTIMATE EDITION II(アルティメットエディション2)」を「ULTIMATE EDITION II MEMORIAL」から名称変更し、シリアルプレートを廃止し、継続発売。

DAIHATSU-Copen-150.jpg


2008年12月17日、商品強化のため一部装備が変更。従来メーカーオプションだったオープニングカバーが標準装備になり、リヤフェンダーのデザインの一つでもあったアンテナがフィルムアンテナに変更された。伴い、標準価格も変更。


DAIHATSU-Copen-155.jpg

2009年9月1日、特別仕様車「ULTIMATE LEATHER EDITION(アルティメットレザーエディション)を発売[。 伴って、ボディカラーとしてDC-ブラックマイカメタリックが追加、DC-スチールグレーメタリックが廃止され、ホワイトはカラー番号の変更が行われた。同時に、レザーパッケージ、「TAN LEATHER EDITION」が生産終了。・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文を抜粋引用  最終更新 2009年11月30日 (月) 15:13 。

DAIHATSU-Copen-137.jpg



本日は、ライトウェイト スポーツコレクション アオシマより
ダイハツ・コペン(DAIHATSU Copen)でした。

明日アップできるかな?(がんばります。)

今日も今日とて時間なし(ねむたいです。) 

よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)

レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!

今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

ではごきげんよう 。

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター