FC2ブログ

あいつとララバイ カズ(弟) ニンジャ(kawasaki GPZ900R)  少年マガジン カスタムバイクコレクションPart.3

GPZ-224.jpg


本日は、少年マガジン カスタムバイクコレクションPart.3 より
あいつとララバイ カズ(弟) ニンジャ(kawasaki GPZ900R) です。
(2007.06.16.0209)
[昔GPZに乗ってました・・・残念ながら750Rなんですけどね]

カズ(弟) ニンジャ(GPZ900R)です。今もう午前2時、本日も仕事なのでとりあえずあっぷで(いっつもじゃ)コメントなんぞ後から追加できたらします。(今日はもうあかん・・・・眠たい)画像写りが今ひとつ・・・ピンボケすが中でもましなカットを選びましたんであしからず。前にも書きましたが昔、GPZ750R(小ニンジャ)乗ってました。あいつとララバイは、殆ど知りません。
P1030936.jpg


フィギュアは、大した事無いのになかなかいい感じなんです。フロントカウルは透明パーツに色ノリが悪く薄い、中が透けて見えそうなかんじです。カスタムだからしょうがないけどウィンカーがチープ、ノーマルのほうがええなあ。

それでは カワサキ・GPZ900R について・・・・
カワサキ・GPZ900R(ジーピーゼットきゅうひゃくアール)は、1984年に市販された川崎重工業のオートバイ、新世代スポーツツアラーである。北米仕様にはNinja(ニンジャ)のペットネームが付けられた。

GPZ-937.jpg


それまでカワサキのスポーツバイクの最高機種であったGPz1100はZ-1以来の伝統を持つ空冷4気筒エンジンを採用していたが、これ以上の性能向上は望めず、重量が大きすぎるため運動性を損なっていた。
小型で高出力なエンジンとコンパクトな車体を組み合わせることによって、GPz1100以上の動力性能とワンクラス下の俊敏さを併せ持ったロードスポーツを実現すべく、GPZ900Rが開発された。エンジンは全く新しく設計された水冷第1世代で、908ccの排気量で115psを発揮し、当時としては一流の性能だった。

GPZ-228.jpg


また、それを支える車体はラバーマウントを持たずにリジッド締結としたハイテンションスチール(高張力鋼)製で、ダウンチューブを廃止した代わりにエンジンそのものをストレスメンバーとして使用する、ダイヤモンド式フレームを採用し、低重心化に貢献していた。また、空気抵抗を抑えるフルフェアリングと16インチフロントホイールの採用も当時は目新しい点だったと言える。


GPZ-229.jpg


結果としてGPZ900Rの最高速度は250km/hをマークし、GPz1100よりも若干馬力では劣りながらも、最高速度・加速・コーナリングなどすべての面でGPz1100を上回る性能を持つ軽快なスポーツ車が誕生した。


GPZ-225.jpg



なお、ボア・ストロークをダウンした「GPZ750R」(748cc/77ps・G1-G3)が北米を除く各国に輸出されたが、日本国内では750cc超の大排気量車の販売が1991年まで自主規制されていた関係上、日本国内市場向けとしては750ccのみの販売となった。しかしオリジナルを求める日本のライダーの需要が多く、多数のGPZ900Rが逆輸入と言う形をとって日本国内で登録された。
現在も旧車ファンから一定の支持を集めているが、1983年、BMW K100RSの模倣との声がある


GPZ-218.jpg



エンジン
カワサキの本格的水冷エンジンとして第1世代に当たるこのエンジンは、幅を詰めるためウエットライナー(スリーブを直接冷却する)という他社ではあまり見られない構造を持つ。吸気をよりストレートにして効率を高めるため、カムチェーンは左端にレイアウトする「サイドカムチェーン」方式をオートバイ用の横置き直列4気筒エンジンで最初に採用した(カムチェーンを左に寄せるとサイドスタンドで立てた際にシリンダヘッドカバーに雨水が溜まるため、後のエンジンでは右端にするのが一般的となった)。

GPZ-220.jpg


腰下はZ系と同じくクランクウェブが1次減速のプライマリーギヤを兼ねるほか、クランクシャフトはジャーナルの1箇所をキャップで抑える構造とし、エンジン幅の抑制に努めている。フレームにラバーを介さずに直接マウントするリジッドマウントを採用するため、防振対策からこれも4気筒エンジンでは当時まだ珍しかった2次振動バランサー(1軸式)を装備している。

GPZ-223.jpg
なお、カワサキは1983年をもってレース活動を一時休止したために実戦投入には至らなかったが、GPZ750RをベースとしたTTーF1用レーシングマシンも平行して開発されておりキットパーツとして日本国内外に供給された。・・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文を抜粋引用 最終更新 2013年11月10日 (日) 17:08。


GPZ-251.jpg
最後にカズ(兄) ニンジャ (白)も並べて撮影のはずだったのにわすれてました。(がくっ)


本日は、少年マガジン カスタムバイクコレクションPart.3 より
あいつとララバイ カズ(弟) ニンジャでした。 


明日はアップできるかな?(がんばります。)

今日も今日とて時間なし(疲れました) 

よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)

レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!

今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

ではごきげんよう

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター