FC2ブログ

ロータス エキシージS トミカ No.50

T-EXIGE-S-09.jpg

本日は、トミカ No.50  ロータス エキシージS です。

実は初回限定カラーの日産リーフを買ってやろうと思ってトイザに行き、やっぱコッチがカッコええと思い購入しました。(2006年に京商ロータス・エキシージの黄が手に入らなかったのでちょうど良かったです(古い話じゃ)。出来は大分違うんですけどね!後から思い出したんですけど1/100コーヒーのおまけの黄エキシージを持ってました。)

T-EXIGE-S-04-1.jpg

ところで今回のロータス エキシージSはロータス エキシージにスーパーチャージャーを付けたハイパワーモデルらしですが、見た目はほとんど同じ見たいです。それならトミカ、以前ロータス エキシージを発売してたとすると・・・・色を変えて尻(けつ)にSつけて発売するとなんか一粒で二度おいしい状態になってるんですかね~(昔トミカがロータス エキシージ売ってたかどうかは知らないんですけど)

T-EXIGE-S-04-2.jpg


ミニカーの出来はトミカ的はグーだと思います。京商1/100缶コーヒーのおまけと比べるとちょうど良いかと思い↓のほうにも画像を入れましたが・・・・・おお京商1/100缶コーヒーのおまけはよー出来てました。


それでは ロータス・エキシージ について・・・・・・・

エキシージ(Exige )は、ロータスの2ドア・2シーターのスポーツカーである。

T-EXIGE-S-03-1.jpg


2000年~2001年にイギリスを中心として開催された、エリーゼによるワンメイクレース用に開発されたスポーツエリーゼをベースとしてクーペとしたものである。

スポーツエリーゼとエリーゼとの違いは、フロントとリアのトレッドを拡大し、タイヤはインチアップされ、ブレーキ・サスペンションは専用品、カウルはカーボン化され、クローズドボディ化されており、外見は通常のエリーゼよりもかなりアグレッシブに変わっている。


T-EXIGE-S-03-2.jpg



エンジンもK-シリーズの206HPにハイチューンされ、トランスミッションはクワイフ製の5速ストレートカットギア、同じくクワイフ製のLSDも装備している。室内にはロールケージが張られ、キルスイッチや消火器のスイッチ、メーターはデータロガー付のスタックST8100に変更されている。

T-EXIGE-S-06.jpg



↓京商1/100 ロータス エキシージ

exige042.jpg
缶コーヒーのオマケのくせによーでけとるね~ホイルがすごい



↓京商1/64 ロータス エキシージ

TVR-Sagaris908.jpg


スポーツエリーゼは完全なレースカーであり、市販はしないとコメントされていたが、ファンの熱烈なラブコールに応える形として、突然スポーツエリーゼの市販モデルであるエキシージ(MK-1)が2000年に発表された。

T-EXIGE-S-07-1.jpg


公道走行のための法規に合致させるためチンスポイラーの小型化や後部視界を得るために後部に変更を受けたが、スタイルはほぼスポーツエリーゼのそれである。MK-1は、647台が限定の形で生産された。ちなみにスポーツエリーゼ、エキシージ(MK-1)ともにロータスカーズとは別会社でかつてのF1チームであるロータス・スポーツによって別ラインで生産された。


T-EXIGE-S-02-1.jpg

2001年にエリーゼのMK-2が発売されたことに伴い2004年にエキシージもMK-2が発表された。しかし変化は外見的なものが中心で、トレッドやエンジンには特に手が入れられておらず、MK-1と比べるとスペシャル度には乏しい。


T-EXIGE-S-02-2.jpg


しかしながら2004年以降のMK-2はトヨタ自動車製の最高出力141kW、最大トルク181NmのVVTL-I(Variable Valve Timing with Lift - intelligent 連続可変バルブタイミング機構)の1.8Lエンジンを搭載し、信頼性面においては一定の評価を得た。



T-EXIGE-S-08.jpg


そして、2006年初頭にはVVTL-Iエンジンにスーパーチャージャーを導入したエキシージSを発表。スーパーチャージャーの追加により最高出力163kW(221PS)/7800rpm、最大トルク215Nm/5500rpm(ただし2000rpm超で、その80%を発生)となる。この仕様変更により、MK-2に変更された時に巻き起こった『重量増による動力性能の劣化』というマイナスファクターを一蹴するきっかけを得た。



T-EXIGE-S-10.jpg

エキシージSの基本動力性能は、車両重量935kgという超軽量車体に組み合わされ、0-100km/h加速に要するタイムは4.3秒、0-160km/h加速は9.98秒であり、最高速は160mph(≒256km/h)とアナウンスされている。この数値は、2005年までの量産車としては世界最高レベルにある。

エキシージSの日本におけるデリバリーは2006年5月に開始された。・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文を抜粋引用  最終更新 2011年3月24日 (木) 17:12。


T-EXIGE-S-01.jpg

本日は、トミカ No.50  ロータス エキシージS でした。

明日はアップできるかな?(ちと無理かもしれません)

今日も今日とて仕事と病気で時間なし(病み上がりです。) 

よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)

レコードCD化は・・・・(今年もいかんですね!もうCD化しなくてデータ化でよいかも)

今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

ではごきげんよう

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター