FC2ブログ

フェラーリ F10 フェルナンド・アロンソ(2010)

ha-F10-06.jpg

本日は、アシェット 公式フェラーリ F1 コレクション より 
Vol.2 Ferrari F10 フェルナンド・アロンソ(2010) です。


今回は京商フ.ェラーリF1で手に入れることが出来なかったF10をおのれ~と、本の付録で購入。(京商F10もその後タマタマ手に入ったのですけどね!)流石に1/43・・・なかなかよ~デケトルじゃあ~りませんか。シャークフィンのバーコーの印刷が華やかでエエね!(京商F10には無かった・・・やっぱバーコードあったほううがええ・・・ホンマにサブリミナル効果あったのかね?・・・う~んタバコが吸いがくなってきたってか)

ha-F10-01-1.jpg


本日も時間なし、このままアップします。(今度はザウバーが欲しいな~と思うのです。)

それでは フェラーリ・F10 について・・・・

フェラーリ F10 (Ferrari F10) は、スクーデリア・フェラーリが2010年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。2010年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。フェラーリとしてのコードナンバーは661。

F10とは、「2010年のF1参戦用マシン」を意味する。2009年のF60の苦戦を反省材料として、アルド・コスタを中心とする技術陣が設計した。レギュレーション改訂でレース中の燃料再給油が禁止されたことに対応しており、また、流行のマルチディフューザー搭載を前提としてデザインされた。

ha-F10-01-2.jpg


フロントノーズが前方により長くなり、フロントサスペンション取り付け部分の前後は、2009年シーズンにレッドブル・RB5が採用していた、Vノーズと呼ばれる、モノコックの両端が持ち上がった形状を採っている。また、フェラーリ・F60でも2009年ヨーロッパGPでのフリー走行で、同様の形状をしたモノコックが試されていた。

ホイールカバーの使用が禁止されたため、フロントホイールと同じ材質で製作された2重のリング状のパーツが装着され、リヤホイールは、リムの部分の形状が変更されている。

ha-F10-11-1.jpg


サイドポンツーンはモノコック側の上面が低く、外側に向けて盛り上がるような形状となっている。サイドミラーは、F60から引きつづきサイドポンツーン先端に装着され、支持ステーが整流フィンとしての役割も果たす。ただし、レギュレーションの変更に伴い第5戦スペインGPから、サイドミラーがコクピット両脇に移設されている。

開幕戦バーレーンGPには、リヤウイングと接続する形に変更されたシャークフィンを備えたエンジンカウルや、前述のホイールなどが新たに持ち込まれた。

ha-F10-11-2.jpg


第4戦中国GPフリー走行では、リアウイングを失速させてドラッグを減らし最高速度を向上させる効果のある「簡易型Fダクト」(フ.ェラーリはこのシステムを、"Management System for the Blown Rear Wing"と呼称している)をテスト。第5戦スペインGPからドライバーの操作が可能なFダクトが実戦投入された。左手の甲でダクトを操作することによって装置を操作している。オンボードカメラにもそのシーンが映されていた。

ha-F10-03.jpg


Ferrari F2007 引っ越し中

F2007-K-02.jpg


F2005 No.2(ルーベンス・バリチェロ)引っ越し中

F2005-B615.jpg



Ferrari F2001 引っ越し中


F2001-442.jpg


F1-87 No.27↓(ミケーレ・アルボレート)引っ越し中

F1-87-757.jpg


F1-89 No.28↓(ゲルハルト・ベルガー)引っ越し中 

F1-89-28-550.jpg


F1-91(early version)No.27↓(アラン・プロスト)引っ越し中 

F191-early706.jpg


F93 A No.27↓(ジャン・アレジ)引っ越し中

F93A-A-800.jpg


Ferrari F310 引っ越し中

F310-515.jpg


Ferrari・F310B 引っ越し中

F310B-001.jpg


Ferrari・412 T2 引っ越し中

412T2-549.jpg


Ferrari 126 C2↓引っ越し中


126-C2-104.jpg


312 T2 No.11↓(ニキ・ラウダ)引っ越し中 

312T2-731.jpg


312 T4 (1979 No.12 G.Villeneuve)引っ越し中

312-T4-594.jpg


Ferrari 312T2↓引っ越し中

A-312T2-553.jpg


312 T3 No.11↓(カルロス・ロイテマン)引っ越し中 

312-T3-568.jpg


Ferrari F312 B2 引っ越し中

F312B2-011.jpg


Ferrari・DINO 246 F1 引っ越し中

F246F1-115-003.jpg


エキゾーストパイプの上方排気口の位置はF60よりも前寄りになった。第9戦ヨーロッパGPからはブロウン・ディフューザーが導入され、エキゾーストパイプの取り回しが変更された。また、サイドポンツーン内のラジエターについても、形状の変更による面積の拡大が図られている。第18戦ブラジルGPでは完成型とみられるブロウン・ディフューザーが投入された。

ha-F10-021-1.jpg


エンジンとギヤボックスは、前方に向かって3.5度傾けられた[3]。車両後部を持ち上げることによってディフューザー設計の自由度を高める狙いがある。

シーズン序盤にエンジントラブルに何度も見舞われたため、FIAの許可のもと、第5戦スペインGPから改良型エンジンを搭載する。
なお、マッサは第14戦シンガポールGPまでにレギュレーションで規定された8基のエンジンを使い切ってしまい、同レース決勝に9基目のエンジンを投入している。

通常はブレンボ製ディスクブレーキを使用するが、高速コースでブレーキに負担の大きい第8戦カナダGP(ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット)ではカーボンインダストリー製のものが使用された。

ha-F10-07.jpg


カラーリングはF60と同じく赤を主体としているが、新たに前後ウイングが白に塗装され、2010年からフ.ェラーリのスポンサーとなったサンタンデール銀行のマーキングが施されている。

エンジンカバーにはマールボロのロゴを模したと言われる赤・白・黒のバーコードのようなロゴが掲載されていた。第5戦スペインGP前にイギリスの医師会から、このロゴがタバコ広告を連想させるサブリミナル効果を持っているのではないかと指摘された[。

ha-F10-04.jpg


フェラーリ側は、そういう意図があることを否定したが、第5戦スペインGP以降バーコードロゴが撤去された。第7戦トルコGPではバーコードがあった部分に「800」という数字を表示した。これは、フ.ェラーリにとってのF1参戦800戦目を記念したロゴである。第8戦カナダGP以降はエンジンカバー部分に何もマーキングは施されず、赤一色となった。 ・・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用 最終更新 2011年12月17日 (土) 21:08 。


ha-F10-08.jpg


本日は、アシェット 公式フ.ェラーリ F1 コレクション より 
Vol.2 Ferrari F10 フェルナンド・アロンソ(2010) でした。


明日アップできるかな?(頑張ります。)
今日も今日とて時間なし(眠たいです) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

ではごきげんよう

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター