FC2ブログ

MS110 クラウン 1983年式  アオシマ グラチャンコレクション第3弾

MS110-CROWN995.jpg
本日は、アオシマ グラチャンコレクション第3弾 より
1/64 MS110 クラウン 1983年式 です。


先日紹介したKPGC110 ケンメリ 2Drのとき一緒に撮影してました。「80年代当時、ナウなヤングを中心に流行っていたチューニングマシンを1/64サイズのミニカーで再現。」なぞと言う宣伝文句で思わずわらってしまったアオシマグラチャンコレクション MS110 クラウン です。それにしてもナウなヤングとは懐かしい~(古っ!)・・・・です!


MS110-CROWN998.jpg

それにしてもMS110 クラウン 1983年式は中途半端に古い感じでもともとクラウンとか興味なかったので全然印象ないな~・・・・・・です。美しい日本の新しいクラウンと言うコピーだったそうです。そんなクラウンに乗ってたのが山村聡、吉永小百合とは似ても似つかない人たちだったのですね!~


MS110-CROWN999.jpg

それではトヨタ・クラウンについて・・・・

名前は「王冠」の意味であり、初代から現行型までフロントグリルのエンブレムにも使用されている。

日本国内市場に重点を置いた車両であり、公用車や多くの企業に社用車として用いられる。トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」のキャッチコピーに象徴されるように、一般に高級車として認知されている。


MS110-CROWN001.jpg

信頼性や耐久性の高さから、タクシー・ハイヤー、教習車(発売された1955年から道路交通取締法が施行されていた1960年12月19日までは小型自動四輪車免許の教習車、1960年12月20日の道路交通法施行以後は普通自動車免許の教習車)、パトロールカーといった業務用車両や特殊車両として使われることも多い。

トヨタ自動車を代表する車種の一つである。


MS110-CROWN002.jpg

車体形状は現在4ドアセダンのみだが、以前は2&4ドアハードトップ、ステーションワゴン、ライトバン、ピックアップも存在した。かつては、ボディスタイルを優先してドアの枠を省略した4ドアピラードハードトップが主流であったが、S170系からハードトップと同様の外観を持つサッシュ付のセダンとなる。

MS110-CROWN003.jpg



KPGC110-986.jpg

↑KPGC110 ケンメリ 2Dr 1973年式


GC110-kenmeri-477.jpg

↑GC110 ケンメリ 4Dr 3 1972年式

これとは別に、X80系マークIIをベースに車体を5ナンバーサイズ及び中型タクシーの枠内に納め、耐久性やランニングコストを重視したクラウンコンフォート、装備及び内外装を充実化したクラウンセダンというモデルがある。前者はタクシーなどの営業車専用モデル、後者は主に公用車や個人タクシー向けである。



MS110-CROWN993.jpg

6代目 S110型(1979年-1983年)

1979年9月
登場。スタイルはより直線的でスタイリッシュなイメージとなった。前期型のヘッドライトはハードトップが異型2灯式、セダン/ワゴン/バンは角型4灯式。
2ドアハードトップは、3代目のS50系から設定され続けたが、この世代を最後に廃止された。このボディには、ルーフ後部をレザー貼りとしたランドウトップがオプション設定されていた。
運転席パワーシート、クルーズコンピューター、電子チューナーなどの先進的な設備も採用され、「~トーニング」と呼ばれる2トーンのボディーカラーも設定された。
1980年6月には、ハードトップに電動スライド式のシェード付のガラスサンルーフムーンルーフがオプション設定。


MS110-CROWN994.jpg

1980年10月
排ガス対策が一段落し、日産セドリック/グロリアに対抗してSOHCターボ車(M-TEU型エンジン)が追加される。
パワーウインドにウインドロック機構が追加され、STDを除く5ナンバー車はバンパーガードのコーナー部分が大型化された。ロイヤルサルーンには完全自動空調の前後独立温度調節可能なマイコンオートエアコンが設定(セダンと4ドアハードトップコラムシフトのラウンジシート車)。ステーションワゴンにパワーウインド、ラジアルタイヤを装備した25周年記念特別仕様車が200台限定で発売。


MS110-CROWN006.jpg

1981年8月
マイナーチェンジ。フロントグリル・テールランプデザインが変更され、ハードトップ全車とセダン/ワゴンの中級グレード以上は、フォグランプが内蔵された異型2灯式となった。
先にソアラに採用された2800ccDOHCエンジン(5M-GEU)&ECT(電子制御式オートマチック)搭載車が追加され、2000ccのベーシックエンジンも1G-EU型に変更。従来からの5M-EU搭載の2.8L車、2.0LのM-U型・M-P型(LPG)・5R-U型(LPG)は引き続き継続。

MS110-CROWN008.jpg


1982年8月
2.4Lターボディーゼル(AT車は電子制御型2L-TE、MT車は分配型2L-T)搭載車が追加。
モデル末期には、ブロンズガラス、エレクトロニック・ディスプレイメーター(1G-EU搭載車はこのモデルのみ)を装備したお買い得な特別仕様車「エクレール」も登場している。・・・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋引用  最終更新 2009年11月28日 (土) 21:04。

MS110-CROWN010.jpg

今回は、アオシマ グラチャンコレクション第3弾 より
1/64 MS110 クラウン 1983年式 でした。


明日アップできるかな?(頑張ります。)

今日も今日とて時間なし(眠たいです) 

よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)

レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!

今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

ではごきげんよう 。

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター