FC2ブログ

FXX・エヴォルツィオーネ 京商 フェラーリ ミニカーコレクション6

FXX-Evo-B-03-02.jpg
本日は、京商 フェラーリ ミニカーコレクション6 より
FXX・エヴォルツィオーネ 紺メタ です。


本日も、都合で「お蔵画像復活シリーズ・・・そんな呼び方があったんですね!」・・・です。このFXX Evoluzione 紺メタは、京商 フ.ェラーリ ミニカーコレクション6の発売当時ゲット出来ず、その後しばらくして田舎のリサイクルショップで発見、315円で購入したものです。なんかのミニカーに添えて一度アップしました。その時ついでに撮影したものです。

FXX-Evo-B-01-1.jpg

FXXは1/64シリーズでも2・3回アップしたし、1/43でもアシェットやホットウィールと何回もアップしてましたので今更という感じがしてお蔵入りとなっていました。今回も時間なくちょうどエエ機会なのでとりあえずアップすることにしました。ホイルの赤い輪っかがなかなかイカスと思います。その他感想は今までと同じです。サイドのエアインテイクの処理が手抜き(いつも言ってます。)でも今回は315円ジャから良しとせんかいです。(いまだ仕事中です・・・それではこのへんで)


FXX-Evo-B-01-2.jpg


それでは フェラーリ・FXX  について・・・

フェラーリ・FXX(エフエックスエックス)とは、イタリアのフェラーリがフェラーリ・エンツォをベースに開発したサーキット走行専用車のこと。公道では走行することが出来ない。

2005年、フェラーリ・エンツォをベースとして、フェラーリの持つ技術を結集させた、サーキット専用モデル(公道での走行は不可)を発表。今までマラネッロで製作された車の中では最も高度なGT。


FXX-Evo-B-04-1.jpg


ボディパネルはカーボン製で、車体重量は1155kg。空力特性が改善されていて、ダウンフォースはエンツォを40%も上回る。さらに、可動式のスポイラーを搭載し、サーキットにあわせて調節が可能。シートやペダルもドライバーに合わせてオーダーメイドされる。助手席を装備することも可能。 構造上運転席からは後方が見えないため、ルーフにカメラがついている。



FXX-Evo-B-04-2.jpg


搭載されるエンジンは6262ccのV12エンジンを搭載。800PS/8500rpmという高出力を生み出す。さらに、F1の技術をもとに開発されたトランスミッションは、約80msecでギアチェンジを行うことが出来る。

ブリヂストン製の専用の19インチ・スリックタイヤと、ブレンボ製の専用の大径セラミックコンポジット・ディスクブレーキを搭載。ブレーキ冷却とパッドのシステムは専用に開発されたものである。ちなみに「FXX」と言う名前は、エンツォ・フェラーリの開発コードの「FX」にはかり知れない可能性とスピードを著わす「X」を付け足したもの。



FXX-Evo-B-05.jpg



通常の状態では、エンジン出力を抑制するコントロールがなされている。セーフティーコントロールを解除すると、相当のオーバーステア特性となり、フォーミュラ経験のある職業レーサーでも乗りこなすのが困難とされている。



FXX・エヴォルツィオーネ 赤(京商 フェラーリ6)

FXX-Evo152.jpg


十分高いポテンシャルを秘めているFXXだが、このFXXは革新的な技術協力プログラムの一環でもある。それは、アマチュアながら高い運転技術を持つ顧客が、自らテストドライバーとなり、FXXを運転することでニューモデル開発の一翼を担い、また車両のデータ取りに活躍するというものである。


FXX-Evo-B-02-1.jpg


顧客(テストドライバー)がサーキットを走る場合には、フェラーリ社からFXXプログラムを担当するメカニックを含む特別チームが派遣される。 FXXには高性能テレメトリー・システムが搭載され、39種類もの運動特性のデータを、ピットで常時監視する。これらの情報はフェラーリの技術者が分析し、顧客とともに検討される。


FXX-Evo-B-02-2.jpg


このプログラムは、高性能モデル開発計画の基本的な枠組み作りの一環で、初の顧客テストドライバーを起用した開発プログラムとなる。 各種走行データは新型車の開発などに活用される。

なお、FXXを購入したオーナーはプロドライバーによる運転講習を受けられ、また、FXXをマラネロに預けておけば、レース時にフェラーリが各サーキットへ輸送をしてくれる。他にも各種メンテナンスを受けられるなどの特典もつく。


FXX-Evo-B-06-1.jpg


顧客をサポートするのは、ヨーロッパ圏内ではフェラーリ本社のコルセ・クリエンティと呼ばれる顧客レース部門である。なお、それ以外の国では各国の現地法人が管理する



FXX-Evo-B-06-2.jpg


マシンと、これらアフターケアをつけた基本パッケージは総額150万ユーロ(約2億円)。FXXは2005年12月に限定29台で、フ.ェラーリにより選出されたオーナーに対してのみ販売された。また、ブラックのボディカラーに、両方のドアの横に「30」と書かれた30台目のFXXが、ミハエル・シューマッハにプレゼントされた。

FXXプログラムは2009年をもって終了し、今後は599XXプログラムに継承される。


FXX-Evo-B-07.jpg

エヴォルツィオーネ
FXXに新たなトラクション・コントロール、カーボンブレーキ等を組み合わせ、860bhpまで引き上げるパッケージである。同時に、FXXプログラムを2年間延長する。・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋引用 最終更新 2011年10月2日 (日) 06:12。



FXX-Evo-B-08.jpg

本日は、京商 フェラーリ ミニカーコレクション6 より
FXX・エヴォルツィオーネ 紺メタ でした。


明日はアップできるかな?(あか~ん。)

今日も今日とて仕事と病気で時間なし(病気治療中です。) 

よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)

レコードCD化は・・・・・・・(今年もいかんね!)

今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター