ミニクーパー ポリス(イギリス) 北原ワールドカーセレクション EUROPE POLICE CAR Edition

mini-poli-306-02s.jpg
本日は、北原ワールドカーセレクション EUROPE POLICE CAR Edition より
ミニクーパー ポリス(イギリス) です。
2008/02/16

記事が残ってなかったので新たな気持ちで、言わせてまらいますと本日の北原ワールドカーセレクション EUROPE POLICE CAR Edition ミニクーパー ポリス、アイテム的にはグーじゃけど、出来はちょっと手抜きバージョンかも。フロントガラスのイカス(チープ)ワイパーのディテールは許せますが、ヘッドライトが印刷っつーのはちょっと納得できんですね!

mini-poli-291.jpg

ホンウェルっツーたら1個100円の商品でもヘッドライトは透明パーツでしょっ!(北原ワールドカーセレクションは多分350円くらいした、当時なら食玩では結構豪華な値段じゃけ!わし的に)・・・なぞと当時は書いていたと思います。あらたな気持ちで書いても、たいてい同じ記事になってます。・・・・(昨日も仕事で疲れました、家に帰ったのは今日の午前1時30分・・・)ここらでアップしときます。いまだリハビリ期間です・・・・あしからず。

ヘッドライトが透明パーツの北原ワールドカーセレクションVol.4 ↓ Ford F1 Pick Up(1948)です。カッコエエ!


FordPick779.jpg
それではミニ (BMC)について・・・・・

ミニ(Mini )は、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が生んだ大衆車。自動車としての必要最小限を形にした設計は、登場当時、革命的とまでいわれた。

mini-poli-292.jpg


オリジナルの2ドアボディのデザインは、リアトランク用のオーバーハングをも切り詰めた、1950年代後期には類例の乏しかった純粋な2ボックスレイアウトで、全長は3 m ほどに過ぎなかった。

mini-poli-298.jpg


それでもリアシートの後ろには(片隅を燃料タンクに取られてはいたが)最小限のトランクルームが確保されていた。10 in タイヤと前輪駆動の効果によって、床も車高もこの時代ではずば抜けて低く、ロードクリアランス(最低地上高)は実用車としての最低限レベル、車高は1,400 mm にも満たないが、大人4人が乗りこめるスペースが確保されていた。

mini-poli-299.jpg


当時、リアエンジン車では2代目フィアット・500(1957年)やスバル・360(1958年)のように、4座で3 m クラスを実現した事例もあったが、850 cc の水冷4気筒をフロントに搭載して大人4人定員とした乗用車で、ここまで小型化された事例はなかった。
このコンパクトなボディは、設計者のイシゴニスが自らのスケッチでデザインするという異例の過程でスタイリングされた。コンセプ

mini-poli-300.jpg



トと内部構造を熟知した設計者自身によるスタイリングは、機能に直結した合理性に富むもので完成度が高く、そのまま生産されることになった。ミニの実車を間近で観察すると目につく点のひとつにフランジ状に張り出した外板の継ぎ目があるが、これは組み立て時の手間を省いた結果である。


mini-poli-301-3.jpg


クーパー/クーパーS
オリジナルのモーリス・ミニ・マイナーに搭載されていた848 cc のエンジンは997 cc まで排気量が増やされ、出力も34馬力から55馬力に高められた。このエンジンにはレース向けのチューニングが施され、当時小型車には馴染みのなかったSUツインキャブレターとディスクブレーキが装備された。経営陣はこのモデルの生産を決め、1,000台を発注した。これは、経営陣が参加を目指していた、FIAの、当時のグループ2規定の生産義務台数をクリアするためであった。1。


mini-poli-293.jpg


964年、997 cc のエンジンが、よりストロークの短い998 cc のモデルに変更された。これ以降、1967年にクーパーモデルの生産が終了するまでに計12,274台の「クーパー」が販売された。1963年にはよりパワフルな「クーパーS」モデルが相前後して開発、生産された


mini-poli-296.jpg


「クーパーS」は1,071 cc のエンジンと、より大径のディスクブレーキを特徴とし、1964年8月のモデルチェンジまでに計4,030台が生産、販売された。当初A型エンジンの排気量拡大は1,071 cc が限界と見られていたが、ダウントンのダニエル・リッチモンドがボア・ピッチをずらして1,275 cc まで拡大する手法を考案、イシゴニス、クーパー、リッチモンドの歴史的な3者会談により、量産型「1275クーパーS」の計画がスタートした。

mini-poli-309.jpg


量産に際して、サーキット・レースのクラス分けに合致した970 cc と1,275 cc の2つのモデルを新たに追加、970 cc モデルはあまり売れず、963台が生産された後1965年に生産終了となったが、1,275 cc の「クーパーS」は40,000台以上が生産され、1971年に生産終了となった。・・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文を抜粋引用 最終更新 2017年10月9日 (月) 05:54 。

mini-poli-290.jpg


本日は、北原ワールドカーセレクションVol.4 より
ミニクーパー ポリス(イギリス)でした。
 
明日はアップできるかな?(がんばります。)
今日も今日とて時間なし(疲れました) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター