FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル インプレッサ WRC 2000 世界のレーシングカーコレクション Mk(デル・プラド)

IMP-818-s.jpg
本日は、世界のレーシングカーコレクション Mk(デル・プラド)より
スバル インプレッサWRC 2000 です。


本日は、ちょっと久しぶりにの引っ越し漏れシリーズ、デル・プラド世界のレーシングカーコレクションを紹介します。 画像残ってましたが記事は無しです。アップしたのは2007年の始め頃、当時コンビニミニカー(や食玩、ドリンクのオマケ)全盛期じゃったと思います(いつも言いますけど、あれから10年・・・世の中変わっちまった・・・変わってないのは俺(貧乏)だけか・・・なんちゃって!・・・です)。(2007年当時、自分のカメラ無く友達に借りたカメラで撮影してました。ガラ携のカメラで撮影したこともあったな~なぞと昔を懐かしんだりして・・そんなに昔じゃ無い?・・けど10年は一昔と言うから!)

IMP-799.jpg
ヘッドライト固定用のピン↑がでっかく丸見えですね↓テールランプも同様

ところでデル・プラド スバル インプレッサ WRC、フォルムは結構良かったと思ううのですが仕上げがちょっと雑やったです(世界のレーシングカーコレクション Mk(デル・プラド)全般に)色塗りに深みなく(青メタがショボイ)ヘッドライトなどプラスチック透明パーツの作りもイマイチ、ヘッドライトはランナーのデッカイ切りカスが付いてました。(ライト類のパーツはキンスマートのプルバックカーの方が全然良く出来てました。)しかし1/43スケールで1台500円(ロールバーなんかも再現されとるし)を考えると、全て許されるのかも知れません・・・良しとせんかいですネ!


IMP-800.jpg

本日も時間無し、(リチャード・バーンズ、コリン・マクレー)昔を懐かしみつつここらでアップ致します。(次は頑張ります。)

それでは スバル・インプレッサ について・・・・・
インプレッサ(IMPREZA)は、SUBARU(旧・富士重工業)が生産・販売する乗用車である。1992年に発売を開始した。通称は「インプ」。なお、この項では2010年の改良時に「インプレッサWRX STI」から改名された「WRX STI」、ならびに2014年に登場したWRXについても便宜上併記する。

IMP-801.jpg

ラリー
インプレッサは初代から一貫してモータースポーツ、特にラリー競技と切り離せない関係にあり、世界ラリー選手権(WRC)ではシトロエンやプジョーと互角の闘いを繰り広げ、国内イベントでも常にチャンピオン争いに絡む活躍を見せてきた。2.0Lクラスのラリー競技用車両としては、日本はもちろん世界的にも三菱自動車工業のランサー・エボリューションと並び称され、特に近年のグループNクラスはほぼこの2車種が独占する状況にあったなど、スバルの世界的なブランド・イメージの構築に大きく貢献した。


IMP-802.jpg

WRC
WRCでは、これまでマニュファクチュアラーズチャンピオン3回(1995年、1996年、1997年)、ドライバーズチャンピオン3回(1995年、2001年、2003年)を獲得している。また、競技本番用としてだけでなく、ラリーステージの下見(レッキ)を行う際の車としてスバルチーム以外にも使用されることがある(たいていのWRC参戦メーカーは自社の市販車に四輪駆動車を持たないことが多いため)。


IMP-805-3.jpg

2008年12月16日、スバルは世界的不景気の影響と、ここ数年勝利が遠ざかっていることもあり、当初の目的はおおむね達成したとの判断から、2009年末で、WRCのトップカテゴリーへの参戦を卒業するという見解を理由にWRC参戦の終了を発表し、これに伴ってワークスインプレッサのWRC参戦は終了した。

IMP-819.jpg

初代4ドア・グループA(1993年 - 1996年)
ホモロゲーション名は「インプレッサ555」[83]。 WRC(世界ラリー選手権)には、1993年シーズン終盤の第9戦「1000湖ラリー」からレガシィに代わって投入され、アリ・バタネンのドライブにより初参戦にして2位という鮮烈なデビューを飾った。1994年には、1990年、1992年のWRCドライバーチャンピオン、C.サインツのチーム加入を得てその繊細なセッティング能力によって戦闘力が一気に向上、第6戦「アクロポリス・ラリー」で初優勝を果たし、マクレーの手による2勝と併せてマニュファクチャラーズポイントでも2位を獲得した。

IMP-812.jpg

1995年には8戦中5勝を挙げて、スバルは本格参戦から6年目にして、マニュファクチャラーズ及びドライバーズ(C.マクレー)のダブルタイトルに輝いた。続く1996年も、ドライバーズタイトルこそ三菱のトミ・マキネンに奪われるものの、マニュファクチャラーズタイトルを2年連続で獲得。グループA最強のラリーマシンとして認知され、欧州におけるスバルのブランディング向上とインプレッサの販売および日本におけるラリー人気の拡大に大きく貢献した。

IMP-813.jpg

初代2ドア・ワールドラリーカー(1997年 - 2000年)
グループA規定が緩和されたワールドラリーカーの導入にあたってスバルは2ドアのリトナをベース車に選択。1997年にもドライバーのポイントの積み重ねでマニュファクチャラーズタイトルを獲得。

IMP-825.jpg

日本メーカーでは唯一の3年連続のマニュファクチャラーズタイトルを達成した。だが1998年を最後にマクレーがフォードに移籍。プジョーやシトロエンが参戦してきた1999年以降、マニュファクチャラーズタイトルからは遠のいてしまう。2000年には、2代目インプレッサへの移行を見越した大々的な改修が施された。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用 最終更新 2017年10月20日 (金) 02:37。

IMP-796.jpg

本日は、世界のレーシングカーコレクション Mk(デル・プラド)より
スバル インプレッサWRC 2000 でした。


明日アップできるかな?(ちょっと時間無し・・平日は無理かも)
今日も今日とて時間なし(いつか時間がある日が来るのか?) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。