スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサス IS 350 F SPORT トミカ No.100

T-LEXUS-IS350-00.jpg
本日は、トミカ No.100 レクサス IS 350 F SPORT です。

今回はマツダアテンザの予定でしが、昨日たまたまドンキに行ったついでにレクサス IS 350 F SPORTを購入しましたので、それじゃっとレクサス IS 350 F SPORTをばアップスルことんいしました。ドンキは1個378税込みじゃったけ、トイザよりは20円安いです。(けど高いけど)今までの最安値はヤマ電の330円(ブリスターケース)でした。箱も330円で売ればエエのにんね!

T-LEXUS-IS350-02-1.jpg

1/65とちと小さい部類のトミカでモールドはユルイけどフォルムはまあまあ、特徴的なフロントグリルのディテールだけは少しシャープに出来いる。がしかしサスペンションギミック以外ギミック無し・・・・値上がりしてンのに、なんか損した感じ。(せめて50円位の値上げなら・・・)テールランプがチープですね!ここらでアップいたします。

T-LEXUS-IS350-02-2.jpg

それでは、レクサス・IS について・・・・
IS(アイエス)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されている中型セダン(Dセグメント)である。
2013年現在で販売されているのは同年に発売された3代目モデルである。セダンのほかに派生車種としてコンバーチブル版である「IS C」(アイエス・シー)や、高性能版である「IS F」(アイエス・エフ)があり、それらは2005年に発売された先代(2代目モデル)のセダンをベースにしたものが継続販売されている。
1999年発売の初代モデルは日本国内に限ってはトヨタブランド(ネッツ店)にて「トヨタ・アルテッツァ」として販売されていた。

T-LEXUS-IS350-01-1.jpg

3代目 GSE3#/AVE30型(2013年 - )

2013年1月に開催される北米国際オートショーにて、約7年半振りのフルモデルチェンジとなる3代目モデルが出展、また日本での発売は同年春の予定であることがレクサスから発表された[2][3]。その後、同年5月16日に公式発表し、同日より販売も開始された[4]。目標月間販売台数はグローバルで7,000台(日本国内では800台)と発表された。

T-LEXUS-IS350-01-2.jpg

先代モデルから継続してV型6気筒エンジンを搭載する「IS250」(排気量2.5L)および「IS350」(同3.5L)が設定されるのに加えて、新たにISとしては初めてのハイブリッド仕様となる「IS300h」が設定された。ハイブリッドユニットは基本的にトヨタ「クラウンハイブリッド(14代目 S210系)」とほぼ同一の直列4気筒2.5Lエンジンを搭載するものである。また、IS350(FR仕様)にはレクサスでは「LS460/LS460L」、「GS460」、「IS F」以来となる8速ATが搭載される。

T-LEXUS-IS350-03.jpg

また、スポーティグレード「F SPORT」が先代同様に用意され、新工法の「表皮一体発泡」による専用のスポーツシート、そして「LFA」の意匠・機構を受け継いだ可動式のコンビネーションメーターが採用されているほか、IS350のF SPORTには、高速域での走行安定性・中速域での卓越した機敏性・低速域での取り回しの良さを実現する4WS「LDH」(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)が搭載される。

T-LEXUS-IS350-04.jpg

プラットフォームは「GS(4代目モデル)」用をアレンジしたものとなっており、従来のスポット溶接の打点間ピッチをより細かくすることを可能にした新工法「レーザースクリュー溶接」や、ボディを面で結合し、たわみを抑える「構造用接着剤」の採用、さらに高張力鋼板の採用拡大などにより、ボディ剛性の向上と軽量化を両立した。ボディサイズは全長4,665×全幅1,810×全高1,430mmと、先代モデルと比べて全長は80mm、全幅は15mm拡大され、ホイールベースも70mm長い2,800mmとなる。室内空間の拡大も図られ、先代モデルのネックであった後席の居住性も改善される。

T-LEXUS-IS350-05.jpg

その他、安全面では万一の衝突事故の際にボンネットフード後方を持ち上げ、歩行者頭部への衝撃を緩和する「ポップアップフード」[7]をレクサスとしては初採用した(同技術の採用はトヨタブランドの「クラウン(14代目 S210系)」に次いで2例目)ほか車線の逸脱を検知してブザーとディスプレイ表示でドライバーに警告する「レーンディパーチャーアラート」(LDA)もレクサスでは初採用となった。

T-LEXUS-IS350-06.jpg

エクステリアは、レクサスの新デザインアイコン「スピンドルグリル」のほか、新たにヘッドランプユニットから独立したL字型のLEDクリアランスランプを装着し、個性的かつ洗練されたデザインとなった。また、レクサス車の特徴であるルーフ後端のフィン形状の通信アンテナ(G-Link用)は、先代および他車種とは異なるデザインとなった。なお、CTやマイナーチェンジ後のHS(後期型)同様、米国法規で求められるオレンジ色のサイドリフレクターは日本仕様・欧州仕様には装着されず、ホワイト色のものとなる。・・・解説文はフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋引用 最終更新 2014年2月22日 (土) 03:59。

T-LEXUS-IS350-07.jpg

本日は、トミカ No.100 レクサス IS 350 F SPORT です。

明日アップできるかな?(がんばります。)
今日も今日とて時間なし(眠たいです) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)

ではごきげんよう誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。