スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼太郎 リボルテックタケヤ 海洋堂

R-Kitaro-02-1.jpg
TV版のゲゲゲの鬼太郎歌では、「お化けは死なない~病気も何にも無い~」
なんて言ってたけど、鬼太郎は病気になったり、死にかけたりしてたと思います。

本日は、海洋堂 リボルテックタケヤ より 鬼太郎 です。

ゲゲゲの鬼太郎ですが、最初漫画で見た時は墓場の鬼太郎でした!(知らんか)最近あったのは墓場鬼太郎!どれも少しずつ顔や形が違ってましたが好きでした。特にコミックの筆でサッと描いたキャラの線とかエッチング銅版画見たいに描き込んだ背景は凄かったですね~!でもって今回のタケヤ鬼太郎なんですが、中々良く出来てて似てると思いますが、ワシ的に、もう少し赤ちゃん体型でチョット肥満児的つーかポッチャリさせても良かったかな・・・なぞと思いました。3種類付いてた顔は↓の奴が一番水木しげる鬼太郎に似てたと思います。(よって今回の撮影は殆どこの口をチューと付き出し顔をつかいました。)

R-Kitaro-01-1.jpg
鬼太郎の服の色は紺か青な感じに思ってたのですが・・・緑な感じです!
水木しげるさんの描いた原画ではこの手の色が結構有りましたっつーか、
印刷の都合で同じ絵でも緑ッポかったり青ッポかったりしてましたね!

可動範囲は少なく、特に足の膝の関節の曲がる角度が少なかったので、両手を上げてガニ股で走るポーズなんかも思うようになりませんでした。(下の方に画像あり。あぐらをかいて座るのも無理でした。)腕の可動ももう一つで、鬼太郎が良くしてた、腕組みをして考えるなんてポーズも難しかったです。(出来れば肩が前後スルようなジョイントがあっても良かったような・・・無理か)値段の割に色塗りはっ雑で、はみ出しや汚れなどなどいっぱい有りました。でもそれなりにその雰囲気のポーズは出来るし、形も良く出来てるし、結構楽しく遊ぶ事が出来ました。出来ればねずみ男と並べたかったのですが、資金無くねずみ男を購入出来ませんでした・・・ちぇ!。

R-Kitaro-01-2.jpg

ちゃんちゃんこの色塗も雑いね!(マスキングがいい加減)


今回も、リボルテック特有の力みなぎる大股開きポーズはせず、コミックで鬼太郎がやってたようなポーズを思い出して撮影しました。時間なく大したことは出来ませんでしたがあしからず。本日も時間なし、ここらでアップいたします。

それでは、鬼太郎 について・・・・
鬼太郎(きたろう)は、水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題:『墓場の鬼太郎』)に登場する妖怪であり主人公。父親の目玉おやじとともに妖怪と人間の共存できる世界を目指して戦う。1933年から1935年頃の紙芝居『墓場奇太郎』(ハカバキタロー)の主人公の名を借りて、水木しげるが創作したキャラクターである(水木は鬼太郎を創作するにあたり、『ハカバキタロー』原作者の伊藤正美の了承を得ている)。

R-Kitaro-04-1.jpg

外見は少年。長髪で左目を隠し、特徴的な髪型と古めかしい学童服と縞模様のちゃんちゃんこを着て下駄を履いている。学童服の素材は仙人の髭で、百年経っても破れない(「UFO宇宙突撃隊」では「防弾学生服」とも呼ばれる)[4]。下着には天女の羽衣でできているといわれるシャツ、目玉親父が桃太郎からもらったといわれる鬼のパンツを着用している[4]。モデルは、水木しげるの甥(当時3~5歳)である。
髪の色は、原作では銀色に近い灰色だが、初のカラーアニメ作品第2作以降は茶色で、後者の方が有名。

R-Kitaro-05-1.jpg
腕組みをスルのが苦手なタケヤ鬼太郎でした。

左目がなく隻眼である。理由については様々である。『墓場の鬼太郎』第2話では「元々潰れていた」とされるが、その後の「おかしな奴」では「墓から出て来た鬼太郎を化け物だと思い込み(赤ん坊は自力で這い出る力はないのが人間の常識であるため)、恐れた水木が放り投げ、地面を転がった鬼太郎は墓石の角に左目をぶつけ潰れてしまった」設定に変わっている(アニメ『墓場鬼太郎』ではこちらの描写を採用)。


R-Kitaro-05-2.jpg


その後の『ゲゲゲの鬼太郎』時代では、作品や解説書によって異なりどちらとも言えない。現在手に入る解説書を除いた『ゲゲゲの鬼太郎』本編では、月刊ガロの『鬼太郎の誕生』による設定、「元々潰れていた」説を採用している事が多いようである。無いのは左目の筈だが、貸本版では右目の無い(髪の毛に覆われず、目玉おやじが入り込んだりもする)鬼太郎が幾度も登場している。

R-Kitaro-03-1.jpg

性格は基本的には大人しくてクールだが、実際は正義感が強く情熱家。だがそれゆえに、困っている人間や妖怪を放っておけないお人よしな所がある。原作「大海獣」では自分を大海獣に変えた山田を許したほど。そして同じく原作「海坊主先生」でも「正義と愛が俺を動かすんだ」と鬼太郎本人が言っている(これに対しねずみ男は「どこかで聞いたような低調な劇画の台詞はやめてくれ」と言った)。

R-Kitaro-07-1.jpg

悪いことをする者は誰でも関係なく嫌いで、時には妖怪としての本質的なダークな面を見せ自分勝手な人間に対して厳しいお仕置きをすることがある。しかし原作の始まりである『墓場鬼太郎』では始めから人情が薄く、関わる人間を不幸に陥れる怪奇な存在として描かれている。また美女や美少女には人間・妖怪の両方に甘く、騙されることもあり、惚れっぽいのがほとんどの作品に共通している。実写映画版『千年呪い歌』では、人間を憎まず助ける理由は「人間は善なる存在」とは単純に考えておらず、人間の愚かさを十分承知しながらも安易に見捨てたり切り捨てたりはしていないだけである。

R-Kitaro-08-1.jpg

普段は「ゲゲゲハウス」と俗称されるツリーハウスに目玉おやじと二人暮しをしている(原作『死神』では砂かけ婆の妖怪アパートに在住)。人間世界で生活物資を手に入れるため現金を使うこともあるようだが、収入をどうやって得ているかははっきりしない。基本的に貧乏生活を送っており、原作ではゴミ箱あさりをすることもある。少年誌やアニメでは、怪事件を解決する際にも殆ど報酬を受け取らず、せいぜい滞在中の寝食を世話して貰う程度である。非常に高額の報酬を申し出る依頼人もいるが、鬼太郎は被害者の治療や事件を起こした妖怪の供養など事件の後始末や社会福祉に使う様に勧める。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用 最終更新 2014年3月4日 (火) 03:11。

R-Kitaro-06-1.jpg

本日は、海洋堂 リボルテックタケヤ より 鬼太郎 でした。

明日アップできるかな?(缶コーヒダイドウ光岡自動車出来が悪かったです。)
今日も今日とて時間なし(ダイドウ光岡自動車アップしようか迷ってます。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
レコードCD化も進めてますのでしばらく時間を・・・・・・今週もいかんですね!
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!!

こんばんは!!
愛媛大洲は今夜も寒くて暖房ONの夜迎えています。
そちらは如何でしょうか?
こちらの桜も散りはじめています。
お体ご自愛くださいね!!

Re: こんばんは!!

こうしんさん ちわ~(発見おくれてスンマセン)

先日の寒さはチト柔ぎましたね!
体にお気遣いいただきまして、ありがとうございます。
こうしんさんも頑張ってくださいね!
また、たまに見に来て下さい。
じゃまた
プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。