デストロイド・トマホーク (超時空要塞マクロス)

Tomahawk-00-s2.jpg

本日は、K&M マクロス スーパーディメンションフィギュア(海洋堂)より
デストロイド・トマホーク です。


本日は、引越し漏れの画像でなく撮影しました。ミニカーも撮影しましたが、(ミニカーのほうが楽勝で綺麗に撮れると思ってましたが、酷い画像だったので)トマホークのほうがだいぶましでした。(やっぱちょっと練習せんといかんです。)よって海洋堂デストロイド・トマホークアップとなりました。なぜトマホークかと言うと、最近これで遊んでいると最初右肩の間接が崩壊しました。(腕の軸が折れ)よって折れた軸区が腕側の付け根に入り込んでしまい、これをはずすのちょっと苦労しました。

Tomahawk-012.jpg        


それで折れた軸を瞬間接着剤で取り付け腕側をお湯でよ~く暖めてから取り付けましたが、ちょっと遊ぶと再び折れてしまったのでございます。こりゃ何回やってもあかんと思い、100円ショップピンバイスで穴を開け太い目のクリップをペンチで切って補強用の軸にして取り付けたのでした。これは成功! 腕はなおりました。ところが今度は反対側の腕も折れてしまったのでした。しょうがないので同じ作業をもう一回してやっと修理完了!・・・かと思いきや、今度は肘の付け根が折れました。肘の軸は細かったので、代わりに太いクリップで軸を作りやっとの思い出修理完了でした。(長い間ほっておいたので素材が劣化して割れたかんじでした。シーエムズボトムズを思い出す。)

      Tomahawk-010B.jpg


海洋堂の山口式なアクションフィギュアは躍動感あるポーズは得意じゃけど、東海林太郎や内山田洋とクール・ファイブ見たいにすっと立ったポーズが苦手みたなので、このデストロイド・トマホークにもあえてすっとした立ちポーズをさせました。(何か意味があるんかと思われるかも知れませんが、俺敵にすっと立ったポーズも好きなので・・あしからず)それにしてもこのデストロイド・トマホーク、やっぱ癖はあるけど、それなりにすっと立ってくれたので良しとせんかいです。リボルテック海洋堂の初期のエヴァンケイリヲン(エヴァンゲリオン?エバンゲリヨン?)なんかなかなかすっと立てなかったのでございました。

Tomahawk-042.jpg


しかし、やっぱ腰をひくく踏ん張ったポーズがええかも!・・・本日はこれで失礼します!
こんかいトマホークを直した手順なんかも撮影しとけばわかりやすかったかもしれませんが、気がつきませんでした。画像切抜きもだいぶ時間が掛かりました。前はもっと早くできたのに。撮影した画像の品質もいまいちだったので写真屋さんソフトでかなり修正しました。(色調ほか)

それではデストロイド・トマホークについて・・・・・・
デストロイド (Destroid) は、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』をはじめとする「マクロスシリーズ」作品に登場する架空の兵器。
「Destroy(破壊)」と「Android(人型ロボット)」を組み合わせた造語で総称される、陸戦用二足歩行ロボットの兵器体系。

両肩のミサイルポッド開閉ぎみっくがええな!やっぱ山口式は踏ん張りポーズが似合うかも!
アクションフィギュアのくくりにいれてしもたけど食玩具でした。(そのうち直しときます)

Tomahawk-022.jpg

ちなみになるべくすっと立っている リボルテック↓エヴァンゲリオン

P1060594.jpg


2009年を舞台にする『超時空要塞マクロス』に登場する重装砲撃型デストロイド。型式名MBR(Main Battle Robot)は現用の主力戦車、MBT(Main Battle Tank)に由来する。機体前面に各種武装を配し、集中的火力により中・近距離域の敵陸上兵力を殲滅する。
Mk.IVは初めて制式採用されたデストロイドシリーズの主力機であり、MK.Iの両腕を荷電粒子ビーム砲に置き換え、更なる火力向上を図っている。格闘能力の低下は、胸部ガンクラスターの機関銃やグレネードランチャー、火炎放射器などの近接兵器で補っている。肩腕部はウェポンベイとして随時換装可能で、04系の特徴である上半身の独立した燃料発電機により稼動する。Mk.VIは出力強化型で、右肩にエリコーン対空自己誘導ミサイル6連発オプションパックを装備している。

Tomahawk-032.jpg    


主力戦車的な機体であり、6連対空ミサイルを持つとはいえ04系の中ではマクロス艦上ではもっとも防空任務に不向きであったが、ダイダロスアタック時には最前列に陣取り、水平方向への強力な攻撃力を見せつけた。
カメラアイをおおう偏光シールドは、試作型と先行量産型は赤色系の光を外部に反射するが、量産型では緑色系の光を反射する等、初期型と後期型では仕様の差異が存在する[7]。
小太刀右京の小説『マクロス・ザ・ライド』ではコストパフォーマンスの良さが評価され、近代化改修された機体が2058年のマクロス・ギャラクシー所属機として登場する。

Tomahawk-06-S.jpg


本日は、K&M マクロス スーパーディメンションフィギュア(海洋堂)より
デストロイド・トマホーク でした。


明日アップできるかな?(頑張ります。)
今日も今日とて時間なし(まだまだうまくできませんしたが、あしからず) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター