ウルトラマン  バンダイ ハイパーウルトラマン

ultraman-011.jpg何気に顔が良く出来とる
ハイパーウルトラマン


本日は、バンダイ ハイパーウルトラマン2 より ウルトラマン です。

なかなかアップ出来ないまま一週間が過ぎてしまいました。・・・・新しいネタ撮影する時間もなく、練習撮りしたあまり画像でお茶を濁すことにしました。・・・ツーてもこの2000年製バンダイウルトラマン(Aタイプ)は実によく出来てじゃあ~りませんか・・・・(今更と言わんといてください。当ブログでは初登場です・・・・・多分。これワシも持ってるで・・・とか・・テレビの再放送見てる感じで、どうぞご覧ください。これは日テレやね・・知らん?)私の記憶によりますと、この2000年を堺としてバンダイ食玩のクオリティが、っこうガ~ンと・・・グ~ンと上がった感じがしました・・・(あくまでワシ的に)

ultraman-05-1.jpg


それまでは立ちポーズ(仁王立ち?っつーか東海林太郎たちっつーか)主流だったラムネ菓子のオマケヒーロが、結構リアルなポーズを取り始めたかんじです。自分的に変なポーズにするくらいなら、東海林太郎みたいにすーっと立った立ちポーズの方がマシだと思ってました・・・がこれ以降のハイパーウルトラマン・セブンほか(仮面ライダーなんかも)良いとポーズとプロポーションをしてましたね!(あくまでそれまでのオマケのクオリティとか時代を考えてですが・・・・・けど、いま見てもなかなかよく出来てる・・・ワシ的に)

ultraman-01-1.jpg

この頑張って造られたウルトラマン(Aタイプ?)頭部の創りも、頭部前面を透明パーツで制作し、目以外を塗装してその裏側から銀色(金色?)の反射シールをはってから頭部戦後を合わせ、あたかもウルトラマンの目が光って見えるという凝った創りが、ワシ的に凄く新鮮でした。当時、食玩具のブームもあってか作り手の熱が感られましたね!しかも、このハイパーウルトラマン2当時はカラータイマーも透明パーツで出来ました(後に色塗入りカラータイマーに後退・・・500円位に値上がりしてまた透明に・・・多分)

ハイパーウルトラマン前?の皆が立ちポーズだった時代のオマケウルトラマン
チョット懐かしかったりする


urutora-M7T-3.jpg
左から1993年製ウルトラマン   1995年製ウルトラセブン   1996年製ウルトラマンティガ

なにわともあれ、わしら高価ガレージキットとか買えない貧乏オヤジを喜ばすには十分な出来栄えのハイパーウルトラマンでした。このまま、他の商品との比較とかなんとか色々考えましたが・・・本日も時間無し、ここらでアップ致します。(次は頑張るけ)


urutora-M7NM.jpg

後に発売されたニセウルトラマンと・・・・この時代になると凄まじく出来がエエ!!
ニセウルトラマン時代になるとハイパーからHDウルトラマンに変わってましたね!



ドラマのクライマックスで登場し、怪獣や宇宙人と戦う巨人。その正体はM78星雲光の国出身の宇宙人である。宇宙警備隊員として、怪獣墓場に護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追跡して地球を訪れ、誤って死なせてしまった科学特捜隊のハヤタ隊員に自分の命を分け与えて一心同体となり、地球の平和を守るために戦うことを決意する。
ultraman-0018-1.jpg


それではとりあえず ウルトラマン について・・・・
『ウルトラマン』は、日本の特撮テレビ番組(カラー)、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。制作は円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」。武田薬品の一社提供枠「タケダアワー」内で放送。
『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、および、その劇中の巨大変身ヒーローは「ウルトラマン」と総称される場合がある。


hayata-002-5.jpg


普段はハヤタの姿で行動するが、有事の際にはベーターカプセルを点火させてウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。
原則として地球人とは会話せず、感情などは動きだけで表現し、「シュワッチ」あるいは「シュワッ」などと表記される数種の掛け声のみを発するが、劇中まれに会話をすることもある。

ultraman-02-2-2-1.jpg

ウルトラマン本人のプロフィールは、劇中では語られていないが、雑誌記事等では詳細に紹介されている。

●身長:40メートル ●体重:3万5千トン ●年齢:約2万歳 ●飛行速度:マッハ5
●走行速度:時速450キロメートル ●水中速度:200ノット ●地中速度:マッハ3
●ジャンプ力:800メートル ●腕力:10万トンタンカーを持ち上げる
●キック力:320文の威力がある
●職業:宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長と設定)
●趣味:読書・・・笑える
●家族構成(父:宇宙保安庁長官 母:ウルトラ学校教師)・・笑える

ultraman-02-2.jpg

ベーターカプセル
ハヤタがウルトラマンに変身する際に使用する機器。第1話でハヤタがウルトラマンと一体化する際に、ウルトラマンから託される。
カプセル内部には超小型プラズマスパーク核融合装置とベーターコントローラーが内蔵されている。これがないと、ハヤタはウルトラマンには変身できず、常に隊員服の内ポケットに携帯しているが、何度かカプセルを落とすシーンもある。

ultraman-04-1.jpg

実際に並べるとこんな感じに↓同シリーズなのにネロンガがかなり小さい

ultraman001.jpg


ならば角度を変えて、遠近法?っぽく・・・・・・けど、いまいち、
よってインチキやけどネロンガのみ拡大しました・・・あしからず


ultraman002.jpg

当時、仕事場に転がってる奴だけで勝負?(撮影)したので
良いスケールの対戦相手が見つかりませんでした。
ultraman003.jpg

それと、次回ウルトラマンをアップする機会が有れば↓なんかアップしたいです。
SHODOウルトラマン、良く出来てるけど文句もあります。
それにしてもレッドキング、小っちゃくねぇ?
ultraman004.jpg
バンダイ・・・同シリーズなのに怪獣が小さい・・・・・・
一緒に遊べないっとまでは言わんけど・・・
(どうにかして・・・と言いたいワシです。)

ウルトラマンでいる時もどこかに携帯しているらしく、第26話ではゴモラとの格闘中に落としたのを現場にいた子供に拾われる。
第39話ではウルトラマンを迎えに来たゾフィーが、自ら持ってきたベーターカプセルを使ってハヤタに命を与えると同時に、ハヤタとウルトラマンを分離させる。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用  最終更新 2018年1月9日 (火) 10:43。


ultraman-03-1.jpg


本日は、バンダイ ハイパーウルトラマン2 より ウルトラマン でした。

明日アップできるかな?(画像を加工する時間なしです・・・)
今日も今日とて時間なし(少しガゼ気味・・・流行にめっぽう弱いです。) 
よって画像アップだけという感じです。(本日も、何にもできずです。)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター