マクラーレン 12C GT3 京商 1/64 ミニカーくじ 12C GT3 E賞

Mc-12C-GT3-01-2.jpg
本日は、京商 1/64 ミニカー くじ E賞
マクラーレン 12C GT3 です。

本日は、ちょっと久しぶりにミニカーをっと、最近全然買ってない(新しいもの以外は結構購入してるかも)、京商ミニカーをアップすることにしました。発売は2016年1月5日だそうです。当時、購入された皆さんのサイトではマクラーレン くじと記述してる人が多かったせいか、ずっと京商マクラーレンくじだとばっかり思ってました。1回800円とチト高価な(ワシ的に)この京商マクラーレンくじに、その頃殆ど興味無かったのですが、散歩がてら立ち寄った丸KでA賞1/18ランボルギーニヴェネーノの写真見てから、俄然・・・・欲しいかも?スイッチがはいってしまいました。(マクラーレンくじやのにA賞がランボルギーニヴェネーノ?(なんでや!)しかしその時それについて、何の違和感も感じませんでした。)

Mc-12C-GT3-05-12.jpg

店の棚にA賞のヴェネーノが無かったので、店の人に尋ねると「早々に売れてしまった(当てられた)」ということでした。(この店にA賞は1個だけだったのか・・・分かりません。)1/64マクラーレンに800円は厳しかったので、とりあえず違う店に・・・・。(当時京商ミニカーブームも下火になり、わしの暮すこの町のコンビニも京商ミニカーを扱ってる店は・・・ワシの知るかぎりでは(この時点で)3店舗だけ)とにかく他の店回ってみましたが、案の定A賞1/18ランボルギーニヴェネーノは全て売り切れていました。(現在、この京商ミニカー売ってた3店舗のコンビニ、現在1っ店舗はファミマに変わり、その他は店自体が消滅してしまいました・・・・月日を感じる)

Mc-12C-GT3-05-22.jpg

どの店にもB賞マクラーレン4車種マットブラックセットはあったものの・・・どうせ当たらんしいらねーかっとクジを引くのはやめました。しかし、その2週間ほど後に、昔、おはなはんが住んでいた町に有るショップを訪れた時、この京商 1/64 マクラーレン くじのB~J賞が・・・なんか、こう・・ずらりと並んでいたのでした。(きっとヴェネーノを当てる為につぎ込んだ御仁が大量にダブったハズレミニカーを売りに出したのに違いない)ちなみにB賞2.000円、C~J賞は1個300円でした。(A賞ヴェネーノとラストチャレンジャー賞マクラーレン 12C GT3は有りませんでした・・・ちぇ!)このマクラーレンミニカーに何の思い入れも無かったのですが、800円の選べないミニカーが300円で選べるっと言うことで、本日紹介のマクラーレン 12C GT3と、ちょっと迷ったのですが、B賞4車種マットブラックセットを購入したのでした。


Mc-12C-GT3-02-1.jpg

メーカーも大変かもしれませんが、俺達(俺?)貧乏コレクターにとっては1/64ミニカー1台800円はちょっと厳しい値段ですね~(あくまで俺達(俺?))ちなみに2018年3月25日発売(予定)の京商1/64スケール レクサスLC500h & RC F ミニカーコレクションは、色違い6台セットで11.664円(1台あたり1.944円・・高け・・・!)もう買かわん・・・っつか買えん・・・でした。
ところでマクラーレン 12C GT3ミニカーの出来は、それなりの京商クオリティじゃないでしょうか・・・1台800円(昔1台350円の頃考えると)ゼッケンやその他ステッカーのタンポ印刷バリバリ豪華バーションが・・・・それも今は昔か・・・・・
それえではここらでアップします。(ワシのコンデジカメラではイメージセンサーが小さいせいか?色の諧調があまり表現できません。特にオレンジ(橙)は難しいです。・・・使いこなせ無くてもいいから、高級一眼レフカメラが欲しいです。)


Mc-12C-GT3-02-2.jpg
それでは マクラーレン・MP4-12C について・・・・
マクラーレン MP4-12C(エムピーフォートゥエルブシー)はマクラーレン・オートモーティブが開発したスーパーカーである。
フェラーリやマセラティなどでデザインを手がけてきたフランク・ステファンソンがデザインを担当した。
車の名称であるMP4-12Cの由来は、V型12気筒エンジン並みの性能を備えた、カーボンファイバー(Carbon fiber)を使用した車、からきている。MP4とは、1981年以来マクラーレンのF1マシンで使用されている呼称である。正式発表前は開発コード「P11」と呼ばれた。後に発表される650SもP11シリーズである。ドアはサッシュレスのディヘドラルドアを採用している。

Mc-12C-GT3-04-1.jpg

ボディには、ワンピース構造のカーボンファイバーセルである「カーボンモノセル」が使用され、その単体重量は80kgと、極めて軽量に仕上がっている。ワンピースのカーボンセルに、アルミニウムやプラスチック製のカバーを使用し、車両重量は約1.3tである。このカーボンセルは、オートクレーブを使用したいわゆるドライカーボンではなく、生産性を考慮したレジントランスファーモールディング方式で製作することで、生産時間を1週間から40分に短縮した。


Mc-12C-GT3-08-2.jpg

M838Tエンジンはリカルドとの共同開発[2]によるものである。 一部のサイトではベースとなったエンジンは日産VRH35Zであるとの記述や、VH型エンジンの量産シリンダーブロックがベースであるとの記述があるが、前者は全くの間違いであり、後者も誤解がある。正しくは、VH型エンジンをレース用(VRH50AやVRH35A)に転用する際、構造を見直しレース専用に完全新設計されたシリンダーブロック部分がベースになっているのである[3]。 排気量3.8L、バンク角90度、ボア93mm×ストローク69.9mmのV型8気筒 ツインターボで、ドライサンプオイル潤滑システムやフラットプレーンクランクシャフトを採用し、ミッドシップに搭載される。特筆すべきはわずか3.8Lの排気量ながらツインターボを装備したことで最大出力は600PS、最大トルクは600N·m(61.2kgf·m)を発揮する[4]、ダウンサイジング化に成功したことである。


Mc-12C-GT3-07-1.jpg

当初はAMG製の6.3L 自然吸気 V型8気筒を使用するとアナウンスされていたが、メルセデス・ベンツとの提携が解消されたためキャンセルされた。その後、ポルシェ・カレラGTのV型10気筒を搭載したプロトタイプが製作されたが、これは開発着手が遅れてしまった自前のエンジンが完成するまで、同程度の出力と回転レンジを持つエンジンによってシャシーやトランスミッションの先行テストに供するためであった。 最大出力は7,000回転で得られるが、上限は8,500回転まで回せる。これによりシフトアップ前後の駆動力の繋がりの良い高効率の加速能力が発揮できる。
環境にも配慮し燃費は11km/Lと公称される。また同クラスのスーパーカーの中で、最も二酸化炭素排出量が少ない、とマクラーレンは発表している。

Mc-12C-GT3-11-2.jpg
わずかながらですが、エンジンのディテールも・・・・

トランスミッションはグラツィアノ製の7速デュアルクラッチトランスミッションで、変速にはパドルシフトを使用する[1]。「pre-cog」と呼ばれる機能により一方のパドルシフトへ軽く触れると次がダウンシフトかアップシフトかを予測し準備することで素早い変速を可能にする。SSG(シームレスシフトギアボックス)と呼んでいるがF1のシームレスシフトとの直接の技術的な繋がりはない。
サスペンションでは「プロアクティブシャシーコントロール」と呼ばれる前後左右の各ダンパーを油圧で相互接続する技術が採用されている。アンチロールバーの代わりを務め低速では柔らかく、高速では硬くとダイナミックにロール制御を行うことが可能。ダンパー用の油圧ポンプは軽量化のため電動油圧式ステアリングと兼用となっている。このシステムを採用したことで、スポーツカーとしては極めて優れた乗り心地を実現している。
ブレーキでは1997年のマクラーレンのF1マシンMP4-12から発想を得た「ブレーキステア」が採用された。自動でコーナリング時に内側のリアタイヤにブレーキをかけることで、アンダーステアを解消する。コーナー出口からの加速時にも作動しスピンを抑制する。類似の機能を持つアクティブ制御ディファレンシャルと比較し軽量であるというメリットがある。

Mc-12C-GT3-09-1.jpg


MP4-12C GT3
2011年5月4日、GTレース向けのMP4-12C GT3を発表した。馬力は600PSから500PSに下げられ、カーボン製のリアウイング、リアディフューザーを装備し、全幅は86mm拡大され、1,995mmとなっている。限定20台で2012年から販売され、同年のFIA GT1世界選手権に出場する。なおブレーキ系(キャリパー、パッド)は曙ブレーキ工業が独占供給する。
SUPER GTではGT300クラスにカーズ東海ドリーム28が2013年から参戦したもののSuperGTの環境に合わず結局2014年シーズン終了後にDIRECTION RACINGに売却され、2015年SUPER GTにてPACIFIC RACINGに貸与して参戦することになっている。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文抜粋引用 最終更新 2016年11月28日 (月) 12:45。

Mc-12C-GT3-10-1.jpg

本日は、京商 1/64 ミニカー くじ E賞
マクラーレン 12C GT3 でした。


明日アップできるかな?(画像を加工する時間なしです・・・)
今日も今日とて時間なし(年明けて・・少し不景気風が・・・・。) 
よって画像アップだけという感じです。(本日も、何にもできずです。)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター