FC2ブログ

ミニ ジョン・クーパー・ワークス (初回特別仕様)  トミカ No.37

MINI-JCW-01-00.jpg
本日は、トミカ No.37 ミニ ジョン・クーパー・ワークス (初回特別仕様) です。

何も出来ないまま一週間が過ぎてしまいました。とりあえず取り貯め画像から去年の11月のトミカ、 ミニ ジョン・クーパー・ワークスをばアップすることにしました。お休み代わりの見るだけシリーズ・いっつもジャ~です。(撮影に使用したのはCOOLPIXS520です。LUMIX-TZ7が調子悪いのでCOOLPIXS520の使い方研究中です。・・・前にも書きましたが、所詮1/2.3イメージセンサのコンデジなので、どうしようも無いのですが、TZ7より設定できる機能は多いので上手く使えるように練習してます。)

MINI-JCW-02-13.jpg

とりあえずF値を最大の(多分)8.6くらいにして、全体が極力シャープに写るように(被写界深度でリアがボケないように)マクロに設定してミニカーに近づけ、しかも広角レンズなので、歪まないようにある程度ミニカーからの距離をあけて・・・・・・・近づけて・・・広げて・・・・・ううう・・上手いことイカンです。何回か設定を変えたり、ミニカーまでの距離とかを変えて撮影してみましたが・・・・今回の画像は、なかなか上手く撮れませんでした。(COOLPIXS520でも、もうチョット上手く撮れたときも有るのですが・・・っまこんなもんですかね!(今後もこのCOOLPIXS520練習撮り貯め画像が続きます・・・)

MINI-JCW-02-23.jpg

ミニカーはサスペンションギミックのみの、制作費減バージョンか?ドワが開かない時は、せめてヘッドライト透明パーツにしてほしいものです。(最近はマジョレットですらヘッドライトは透明パーツに成ってたような?・・・一度倒産した噂みたいなのがあったあと、何気にクオリティ(と値段)が上がったような気がするマジョレットでした。)なのでこのミニ ジョン・クーパー・ワークス見た時は、かなりショボく見えました。ライトの銀いろ塗りは、かなり安っぽく見えまますね!カメラで拡大シてみると、それなりにいろ塗りは綺麗だし、ノーマルバーションはオープンカーと、そこんところは頑張ってると思いますが・・・・次に期待します。ちなみにミニ ジョン・クーパー・ワークスは・・・何のことか全然知りませんでした。
ここ当分の間は、取り貯め画像と引っ越し漏れ画像の生き残り分でアップする形になるかもしれませんが・・あしからず本日も時間なし、ここらでアップ致します。


今調子の悪いLUMIX-TZ7で撮影した画像を比較用に並べてみました。
ついでにリンクも貼っときました。


ロータス・エキシージ R-GT トミカ 

L-EX-R-GT-03-1.jpg
やっぱ結構シャープに写っとるように見える・・・


アルファロメオ・1750 GT Am  京商

1750GTam-06-1.jpg
これもいい感じ!



ホンダ N-ONE  トミカ

ST-N-ONE-01-1.jpg
やっぱLUMIX-TZ7の方が写りが綺麗かも・・・


スバル BRZ 京商

K-BRZ-06-1.jpg

画像の大きさや、色のことも関係するけど・・・・


レッドブル レーシング RB6 京商

RBR-RB6-03-1.jpg
レッドブル レーシング RB6とRB8の画像を間違えてたので入れ替えました・・・あしがらず


それでは、ミニ・ジョン クーパー ワークス WRC について・・・・

ミニ・ジョン・クーパー ワークス WRC (Mini John Cooper Works WRC ) は、プロドライブがMINI カントリーマンをベースとして世界ラリー選手権 (WRC) 参戦用に開発した競技専用車(ワールドラリーカー)である。

MINI-JCW-03-14.jpg

名称は、往年の名チューナーであるジョン・クーパーに由来する。1960年代、同氏によるチューニングが行なわれたMINIは様々なモータースポーツで活躍するが、中でもラリーでは1964年、1965年、1967年にモンテカルロで優勝しており、MINIとしての本格的な参戦は約50年ぶりとなった。

MINI-JCW-03-23.jpg

ベースとなるカントリーマンはロングホイールベースを持つため、クーパーに比べて直進安定性が高い。車両はBMWが提供し、開発は過去にスバルのテクニカルサプライヤーを務めるなどWRCの経験が豊富なプロドライブが担当。WRカーとS2000仕様が存在し、WRカーは大型のリアウイングとフロントに空力効果のあるエアロパーツを装着、サイドウインドウが軽量化されている。開発ドライバーはダニ・ソルド。


MINI-JCW-04-12.jpg

メカニズム
エンジンは、市販のBMW製1.6L 直列4気筒ターボをベースに、BMWモータースポーツがWTCC用を踏襲して手掛けたものだが、熟成不足は否めなかった。

MINI-JCW-05-1.jpg

初回特別仕様じゃyない普通バーションが中々いい感じでした。
オープンカーはあんまり好きじゃ無いですが、コレなら良しとせんかい!です。


その後の性能向上版では出力向上と共にバルブタイミングやノッキング発生を押さえながら最大のトルクを引き出すためのノックコントロールが改善されている。2013年の第4戦 ポルトガルより、プロドライブが開発したレースエンジンが投入された。
サスペンションは前後ともマクファーソンストラットを採用し、他メーカーのWRカーに比べてストロークが短い。


MINI-JCW-05-22jpg.jpg

2011年、BMWワークスとしてスポット参戦を開始。同年3月にS2000がポルトガルで、5月にWRカーがサルディニアでデビューし6位入賞。2012年、開幕戦のラリー・モンテカルロでダニ・ソルドのドライブにより2位に入賞するも、同年2月にプロドライブとBMWの関係が決裂したことにより、以降はプライベーターとして活動している。ワークス活動は中断するものの、BMWモータースポーツは今後もプロドライブと1.6Lターボエンジンを開発していく事を表明した。


MINI-JCW-06-1.jpg

2013年、WRCクラスでは唯一ロトスチームが使用していたが、第7戦のサルディニアよりフォード・フィエスタ RS WRCへ変更している[5]。第10戦のオーストラリアは、地元出身のネイサン・クインが、最新エンジンを搭載したマシンでWRCクラスに参戦した。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2017年2月13日 (月) 16:11。

MINI-JCW-07-1.jpg


本日は、トミカ No.37 ミニ ジョン・クーパー・ワークス (初回特別仕様) でした。

明日アップできるかな?(仕事で負のスパイラルがつづきました。・・・ちぇ!・・です。)
今日も今日とて時間なし(また貧しい漁村の裏通りにでも行ってみたいです。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)
ではごきげんよう

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター