マツダCX-5 トミカ No.24

CX-5-05.jpg

本日は、トミカ No.24 マツダ CX-5 です。

前回アップから10日・・・3月はやっぱ忙しないです。(申告や(リアル)引っ越しなんかも有りました。・・・)よって今回も?は?、アップすることに意義がある・・・見るだけシリーズです。しかも先々月、1月のトミカとなってしまいました・・・あしからず。マツダ CX-5初回特別仕様はいい感じのパールホワイトでサンルーフも(色塗りで)再現、出来ればこちらをアップシたかったのですが、やっぱホワイトは切り抜きがめんどくさいのでやめました。普通版のソウルレッドクリスタルメタリック?、ミニカーの(これくらいのレベルの)メタリックカラーは色に斑が出たり(エッジの部分が薄く平部分が濃い)チープな感じになりやすいですが、このCX-5の赤メタは・・・なかなか結構頑張っとる、なかなか綺麗だと思います。(拡大して見ると、やっぱドアの継ぎ目とか薄いな~・・・しかし実目で見ると分からなかったんでうけどね・・・ワシ、カナリの老眼です。)(※最初エッジ部の濃い薄いが逆に成ってました・・・あしからず。)

CX-5-03-1.jpg


全体のフォルムもエエカンジじゃ!(ワシ的に)。ヘッドライトからフロントグリルのフチまでシルヴァーの色塗りというのが毎度のことながらチープじゃけど、造形的にはマツダ曰くの魂動デザインが上手く表現できてると思います・・・嬉しい?(嬉しくない)サスペンション/後部ドア開閉ギミックも健在(後部ドアを開けた画像はヒンジがどデカく格好悪いので省略しました。)・・・・本日もこんな時間となりました。(ゆっくりコメント考える時間なしです。)ここらでアップ致します。(CX-5初代を以前アップしてたので、並べようと思いってましたが出来ませんでした。真横カットのみ並べてリンク貼っときました。)


CX-5-03-2.jpg


それでは、マツダ・CX-5 について・・・・

CX-5(シーエックスファイブ)は、マツダが製造・販売するクロスオーバーSUVである。
2代目 KF系(2017年-)
外観は前後トレッドを初代から約10mm拡大して台形フォルムとし、シグネチャーウィングの立体感を強めて先端をヘッドランプ下側に通すデザインとした。フロントグリルは立体形状を組み合わせたパターンとし、ブランドシンボル(CIエンブレム)をグリル面から突出させた。また、初代に設定されていた「ソウルレッドプレミアムメタリック」に替わる新たな赤系の特別塗装色として「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用した。

CX-5-02-13.jpg


初代同様、エンジンはPE-VPS型2.0Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、PY-VPS型2.5 Lガソリン「SKYACTIV-G 2.5」、SH-VPTS型2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」の3種類が設定される。「SKYACTIV-G 2.5」は実用燃費性能向上を図るため、ピストンのオイルリングを上下非対称の形状とし、ピストン周りの油膜の厚さを最適化することで機械抵抗を大幅に低減した。「SKYACTIV-D 2.2」はアクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」、ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」、ノック音の発生そのものを低減する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を新たに採用した。



CX-5-02-22.jpg


日本仕様車は初代同様、6速ATの「SKYACTIV-DRIVE」のみの設定である。2代目では変速制御を車速やアクセル開度、エンジン回転数などからドライバーの操作の意図を読みとってシフトする新制御に変更し、コーナリング中やコーナーを立ち上げる時の不要な変速を抑え、滑らかな挙動を実現した。さらに、3代目アクセラの2016年(平成28年)7月大幅改良モデルから順次に採用している新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾となる「G-Vectoring Control」も標準装備した。


CX-5-04.jpg


T-CX-5-0889.jpg
トミカ No.82 マツダCX-5(初期型)


2018年2月の改良モデルでは、「SKYACTIV-D 2.2」においてCX-8に搭載されているものと同じ仕様となり、急速多段燃焼の採用や、段付きエッグシェイプピストン、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボチャージャーなどが導入されたことで、最高出力を11kW、最大トルクを30N・mそれぞれ向上させた。

CX-5-06.jpg


「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」はピストンのエッジカット形状の変更や排気ポートが見直されたほか、「低抵抗ピストン」も採用。「SKYACTIV-G 2.5」には、エンジン負荷が低い状態の時に4気筒のうちの2気筒を休止させる気筒休止技術がマツダ車で初採用された。


CX-5-07.jpg


日本仕様車は初代の2014年(平成26年)11月大幅改良モデル時のグレード体系を引き継ぎ、ガソリン車が「20S」・「20S PROACTIVE」・「25S」・「25S PROACTIVE」・「25S L Package」の5グレード、ディーゼル車が「XD」・「XD PROACTIVE」・「XD L Package」の3グレードの計8グレードを展開する。なお、「20S」と「20S PROACTIVE」は2WD車のみ、「25S」と「25S PROACTIVE」は4WD車のみの設定となる。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2018年2月18日 (日) 02:13。

CX-5-08.jpg

本日は、トミカ No.24 マツダ CX-5 でした。

明日アップできるかな?(このままだと月1ペースじゃ!)

今日も今日とて時間なし(県外でのリアル引っ越し・・・大変な月でした・・・・。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)
ではごきげんよう

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター