FC2ブログ

トヨタ C-HR トミカ No.94

CH-R-00.jpg

本日は、トミカ No.94 トヨタ C-HR です。
本日、このままアップ出来たらギリギリ今月のトミカアップとなります・・・・がこのままアップ出来てないかも知れませんがあしからず。昔(去年7月頃だったような・・・・多分・・・知らんけど)、TVコマーシャル使用されててカッコ良かったので何時発売されるかなぁ~と思ってましたが、今月(5月)やっと発売されました。テレビCMで見た時同様なかなかのフォルムじゃあ~りませんか。

CH-R-01-1.jpg


サスペンションと後部ドア開閉ギミック、ヘッドライト透明パーツでは無かったのですが、何気にリアウィンドウがテカっとるな~っと思ってましたが・・・やってくれました。いつもなら色塗りのリアウィンドなのですが、それに透明パーツをかぶせて、透明パーツで出来てる様な感じをだしてましたね~!なかなか好感が持てました。相変わらずのドデカイヒンジでかっこわるかったので開いた画像は撮影したけどボツにしました。


CH-R-01-2.jpg

またまたアップの間隔が長くなりそうなので、ここらでとりあえずアップさせていただきます。(あしからず・・・記事とか追加出来たら追加します・・・・できないと思いますが。)

それでは トヨタ・C-HR について・・・

C-HR(シーエイチアール[2])は、トヨタ自動車が製造・販売しているコンパクトクロスオーバーSUVである。トヨタにおいては2016年に生産終了した3代目RAV4以来となる3ナンバーサイズのSUVである。販売はトヨタのSUV初となる、全てのトヨタ車取扱い店舗(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)での取り扱いになった。車両の製作は、トヨタ自動車東日本(TMEJ)の岩手工場(旧・関東自動車工業岩手工場:岩手県胆沢郡金ヶ崎町)が担当する。
CH-R-02-12.jpg


次世代世界戦略SUVとして、2016年12月14日に発売。コンセプトカー「C-HR Concept」、 TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンク24時間耐久レースに投入した、「C-HR Racing」の市販版である。
ニュルブルクリンクを始めとする世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、同価格帯のコンパクトクロスオーバーSUVとしては珍しく、運動性能にこだわって開発された。「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を徹底的に追求し、C-HRならではの「味付け」がされている。
開発主査を担当した古場博之は、自身も業務の合間にサーキットに通い、FJ1600や86/BRZレース、鈴鹿クラブマンレースにも参戦したことのあるほどの車好きで知られる。

CH-R-02-2.jpg


プラットフォームは2015年発売の4代目プリウスから採用を始めた新プラットフォーム「TNGA」(TNGA-Cプラットフォーム)を採用。TNGAプラットフォーム使用のモデルとしては二台目の車種となる。
リアサスペンションはダブルウィッシュボーン式で、ダンパーはザックス社の評価の高いものを用いており、高いボディ剛性とともに乗り心地の良さに貢献している。またプリウスではゴム製だったブッシュを金属製に変えてハンドリングを向上させるなど、専用設計のパーツが多く見られるエンジンは2WD車と4WD車で別になっており、2WD車はプリウスと同じ1.8Lハイブリッド、4WD車は1.2Lターボと、2種類が用意される。

CH-R-04-1.jpg

空力面ではデザインを犠牲にしないため、通常取り付けられるサイドスポイラーではなくリアスポイラーを装着した。また空力開発にあたり車の下側も一から再設計した。
安全性能については、SRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグを全車に標準装備したほか、衝突被害軽減ブレーキなど複数の安全機能をパッケージングしたToyota Safety Sense P を全車に標準装備した。


CH-R-05-1.jpg


C-HRが属するコンパクトクロスオーバーSUV市場は、他市場に比べ内外装デザインを重視するユーザーが多いため、デザインにも徹底的にこだわっている。外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。「センシュアル スピード-クロス」をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求している。そこにトヨタのデザインモチーフ「キーンルック」やアンダープライオリティなどのエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現した。コンセプトカーに極めて近いデザインであることも評価が高い。このダイナミックなデザインは世界でも高く評価され、ワールドカーデザインオブザイヤー2017の最終選考3台のうちの1台に選ばれた。

CH-R-06-1.jpg

インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響く意匠を追求したほか、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を実現した。またドライビングポジションの設定を高めにしたことで、前方視界も良好にしている。
グレード「G」と「G-T」にメーカーオプションとして選択できるBi-Beam LEDヘッドランプには、トヨタ車初採用となるLEDシーケンシャルターンランプを採用し、デザイン性も両立している。


CH-R-07-1.jpg

ボディカラーは新規色の「センシュアルレッドマイカ(オプションカラー)」、「メタルストリームメタリック」、「ラディアントグリーンメタリック」などの8色を設定。発売半年後には国内でもツートンカラーがオプション追加され、ルーフ・ピラー・ドアミラー・リアスポイラーなどがボディカラーによりブラックまたはホワイトが組み合わされ、8色(ホワイト・ブラック各4色ずつ)が設定された。
一方デザイン重視であるため左後方視界や後部座席の快適性は犠牲となっており、その意味ではSUV型の2+2シータークーペと呼べるような趣がある。実際に開発責任者はセリカのようなスペシャリティカー的コンパクトSUVを目指したとも語っている。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2018年4月8日 (日) 20:28。

CH-R-08-1.jpg


本日は、トミカ No.94 トヨタ C-HR でした。

明日アップできるかな?(なかなかアップできまん)
今日も今日とて時間なし(最近ひまで減収です・・・号泣。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター