FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモゼロ バンプレスト 宇宙戦艦ヤマト ディスプレイモデル

COSMO-0-00-22.jpg
本日は、バンプレスト 宇宙戦艦ヤマト ディスプレイモデル より
コスモゼロ です。


実は、(コスモゼロは)余暇の工作室(プラモデル)さんの前回のアイテムでした(現在はウルトラホーク1号コレも凄い!) それを見ててカッコエエ!っと思い、俺もコスモゼロをアップすることにしました。どうせなら余暇の工作室(プラモデル)さんコスモゼロが完成した日に勝手に完成記念として画像をアップして勝手に盛り上がろうとしたのでした・・・が・・・間に合わず(あんな凄いカットモデルがガンガンできるので・・間に合わず・・・やる気あるのか?っと言われればそれまでですが・・・あしからず。)(最初のコスモゼロの文字がコスモエロになってました(大石弘明からのご指摘で判明?露見?)・・・単なる誤字です・・・・いつもエロいこと考えとるからやっ!っと知人に言われました・・・・・・当たってる!)

COSMO-0-01-11.jpg

ミムコ?ってところのレジンキャスト製 松本零士ミュージアム09 コスモゼロ(プラモデル屋の中古品で300円で購入)がミニカーサイズの丁度良い大きさだったので撮影しようとしたのですが、なんと翼の先のとんがった所がいつの間にか破損(4個の内2本が折れてました・・・・クソっつ)なので撮影出来そうなのが本日アップの(チョットチープな)バンプレスト 宇宙戦艦ヤマト ディスプレイモデル コスモゼロしか無かったのでございます。(リサイクルショップ500円の品)

COSMO-0-01-22.jpg

引っ張ったらそこで抜けるじゃないか、くらいの豪快なスジボリが魅力?けどフォルムはマズマズじゃ無いでしょうか。ランナーの切りカス跡が酷かったけどソコソコいい感じです。なので細かいところは見ないようにしてハセガワ フレキシブルスタンド ロボット用を使って良い角度で撮影しようとしたのですが・・・・ハセガワスタンドの関節部のプラスチックパーツが割れてるじゃあ~りませんか!(くっくそおおお・・・こ・・これ1200円もしたのに) よって最初は紙の上に転がして撮影しました。けどイマイチよくなかったのでその後付属のディスプレイスタンドにのせて撮影しました。

COSMO-0-05-1.jpg

それにしても松本零士メカはカッコエエですね!(翼の先端の尖がった部分の色の色分けが数種類あってどれが正解か、バージョンがあるのか分かりませんでした。)・・・・・・本日も時間無し、ここらでアップいたします。余暇の工作室(プラモデル)さんコスモゼロ(&ブラックタイガー)完成万歳!・・・・じゃ、また

COSMO-0-05-2.jpg

それでは コスモゼロ について・・・・

コスモゼロは、アニメ「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に登場する架空の宇宙戦闘機である。デザイン担当は松本零士・加藤直之・宮武一貴。以下は劇中設定。
地球防衛軍の宇宙戦闘機で、正式名称は「零式宇宙艦上戦闘機」。大気圏内外で運用できる万能戦闘機である。第1作『宇宙戦艦ヤマト』の設定によれば、零式宇宙艦上戦闘機「52型」というサブタイプ名を持つ。「ブラックタイガー」以降に開発・採用された、対ガミラス帝国戦役時の最新鋭機である。名称は、大日本帝国海軍の主力艦上戦闘機である、「ゼロ戦」こと「零式艦上戦闘機52型」に由来するとされている。

yamato423-A.jpg
↑タイトー スーパーメカニクス 宇宙戦艦ヤマト">↑タイトー スーパーメカニクス 宇宙戦艦ヤマト


Arkadia-656-A.jpg
TAITO スーパーメカニクス ↑キャプテンハーロック アルカディア号TV版

本来は第1作におけるヤマトの主力艦載機という設定だったが、作画面の都合からより単純なデザインのブラックタイガーが設定され、コスモゼロは劇中では主に古代専用機として活躍している。続編の『さらば』では「コスモタイガーII」が主力戦闘機として新たに設定されたことから登場せず、『さらば』のリブート作品である『宇宙戦艦ヤマト2』で再登場するも、量産機としては登場しない。

COSMO-0-02-1.jpg

『永遠に』『ヤマトIII』ではコスモタイガーIIのバリエーション機「新コスモゼロ」が新たな古代機として設定されたことから再び登場しなくなったが、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』では若干のデザイン変更のうえで再び再登場する。『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』では、発展型である「コスモゼロ21」が登場する。

COSMO-0-00-SS.jpg
関節部が壊れてしまった↑ハセガワ フレキシブルスタンド ロボット用です。
関節がないので上手くバランスが取れず、手で支えて撮影・・・めんどくせ~!からやめました。
主翼と上下の垂直尾翼で構成される十文字翼が特徴的。下部垂直尾翼(安定翼)は可動式で、着陸状態では大部分が胴体に収納される。機首部の両側面と下面の計3か所に、姿勢制御用の噴射ノズルを持つ。通常は単座機として運用されるが、後部座席を設置して複座機にすることができる。後部座席の使用例としては、第1作第19話における宇宙に飛び出した相原義一の収容、『ヤマト2』第25話における真田志郎を乗せての都市帝国への突入、『完結編』における森雪をナビゲーターとして同乗させての偵察などがある。

COSMO-0-03-1.jpg

武装に関する描写は安定せず、第1作第4話では機首中央の穴や機首左右のアンテナ状構造物の先端から、同作第5話や第13話ではアンテナ状構造物の根本にある銃口から、同作第22話では機首上面から発射したりしている。『ヤマト2』の第1話や第25話でも武装の位置は明確に描かれておらず、機首下面の機関砲が劇中で描写されたのは『新たなる旅立ち』だけである。

COSMO-0-03-2.jpg

機体のカラーリングは、胴体は灰白色もしくはシルバー、機首が赤、コクピット前方は眩惑防止用の黒、各翼の前縁部分は黄色である。ただし、『完結編』ではカラーリングに若干の変更があり、胴体部が薄い水色に、機首は赤だが下部の突起が白に、上部垂直尾翼全体が赤でその前縁は白、エアインテークの前縁も白になっている。
本機の発艦は、ヤマト艦体後部に2基あるカタパルトから行われる。格納庫から移動してきたコスモゼロが、エレベーターでカタパルトまでリフトアップされ、カタパルトに固定され、射出される。射出後、コスモゼロの下部垂直尾翼が展開する。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2018年2月8日 (木) 15:47。

COSMO-0-06-1.jpg


本日は、バンプレスト 宇宙戦艦ヤマト ディスプレイモデル より
コスモゼロ でした。


明日アップできるかな?(がんばります。)
今日も今日とて時間なし(常にですね。) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ!)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

意図したものかどうか分かりませんが、本文中「コスモゼロ」が「コスモエロ」になってます。
気になってしまったので・・・・すみません。
プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。