FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラーリ F2008 京商フェラーリ F1ミニカーコレクション3

F2008-00-01S.jpg
本日は、京商フェラーリ F1ミニカーコレクション3 より
フェラーリ F2008 です。


今回は、 引っ越し漏れシリーズ 京商フェラーリ F1ミニカーコレクション3 フェラーリ F2008です。 これ以上アップする間隔が長くならないように見るだけシリーズ、とにかくアップいたします。発売は2012年2月なので、昔アップしたのもその頃だと思います。F2008 No.1はキミ・ライコネンで、でた時は赤メタだったので綺麗~けどホンマに赤メタっと思ったり・・・ヒョッとしてシクレっ?なぞと思いつつカナリつぎ込んだ気がします。(このNo.1ライコネンだけ何個かダブリました。)

F2008-01-20.jpg


フォルムはなかなかいい感じですが、なんか刺々しい小さなウィング?とかなんかゴチャゴチャ付いてて、カッコええんだか悪いんだか分からん時代やったと思います。(フロントウィングの形状も結構複雑・・・最近のF1のフロントウィングもやたらゴチャゴチャしてますね~)ワシ的にはシャークフィンが嫌いじゃないのでマッサの奴だけでもジャークフィンの付いたバージョンにシて欲しかったりしました。(ライコネンはシャークフィンが嫌いらしい・・・ので)

F2008-01-22.jpg


なんかコメント追加したいけど、本日も時間無しです。とりあえずここらでアップ致します。(なんか追加出来たら後でます。・・・出来ないかも知れんけど)2008年くらいつーたら撤退前の(トヨタ)ホンダが参戦シてましたけど、今と同じでパットせんかったな~なぞと思いつつ・・・・(今よりはマしか・・・・?)

それでは フェラーリ・F2008 について・・・

フェラーリ F2008 (Ferrari F2008) はスクーデリア・フェラーリが2008年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーで、アルド・コスタによって設計された。フェラーリとしてのコードナンバーは659。カーナンバーはキミ・ライコネンの「1」とフェリペ・マッサの「2」。

F2008-12-12S.jpg

F2007では空力的に優位に立つためにロングホイールベースを採用してきたが3,135mmもの長さまでになっていた。しかし、2007年になると他のマシンはマシン全体でのバランスを考えた結果、F2007よりもショートホイールベース化に転じており、2008年、ついにフェラーリも低速サーキットでの弱点への対応策としてホイールベースを短縮した。逆にショートホイールベースを採用したマクラーレンは若干ホイールベースを伸ばしていた。


F2008-12-22S.jpg

フロントノーズは、2007年のトヨタがTF107に採用したノーズを、若干高くしたような形状に変更した。
サイドポンツーンは非常にコンパクトにまとめられていた。2004年のF2004で本格的に使用したチムニーダクト(煙突形の排気ダクト)は、248F1以降整流フィンの役割を重視した形状になっている。このためか、排熱の役割を担っているルーバーは、F2007よりも格段に数が多くなっていた。
2008年のレギュレーション変更によって、ギアボックスは4レース連続で使用しなければならない。そして、トラクションコントロールが廃止され、全チームが使用する新電子システム、MES(マクラーレン・エレクトロニック・システムズ)製のSECU(スタンダード・エレクトロニックコントロールユニット)が導入された。

F2008-10-11.jpg

新車発表会では、2007年シーズンのマシンであるF2007と同じフロントウイングを搭載していたが、開幕戦オーストラリアGPには、ノーズとウイング接合部がなめらかに繋がるように処理されるウイングを投入した。
第4戦スペインGPではノーズ上部に穴の開いた革新的なノーズを投入した。これはフロントウイング上部とノーズ下部の間に流れ込んだ空気を、ノーズにあけられた穴を通してノーズ上面に持ち上げることで、フロント部分で発生させるダウンフォース量を増加できるパーツであり、ハイダウンフォースコースで採用されている。この装備は同時にドラッグも増加させてしまうため、トルコGPやカナダGP、ベルギーGP、イタリアGPといった高速コースでは投入されなかった。


F2008-05-11.jpg


第11戦ハンガリーGPから、レッドブルがRB4で初めて導入したシャークフィンを新たに使用した。ただし、高速サーキットやドライバーの好み(中国GPでのライコネンは使用しなかった)によって装着されないときもあった。
2008年シーズン
シェイクダウンは前年のチャンピオンであるキミ・ライコネンによって行なわれ、他チームを凌駕する速さを披露していた。開幕前はフェラーリの連覇になるかと思われていたが、シーズンを通してトラブルに悩まされた。

F2008-20-01.jpg


開幕戦のオーストラリアGPやハンガリーGP、ヨーロッパGPなどでエンジントラブルに見舞われ、カナダGPではライコネンがピットレーン出口でルイス・ハミルトンに追突されリタイヤ、ヨーロッパGPとシンガポールGPではピットシグナルの操作ミスにより作業中に青信号になってしまい、給油リグが抜けないままピットから発進してしまった。
リタイヤなどでのポイントの取りこぼしが多かったため、コンストラクターズチャンピオンは獲得したものの、ドライバーズチャンピオンはマッサが、たった1点差でハミルトンに負けてしまった。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2017年2月13日 (月) 17:05。

F2008-11-1.jpg


本日は、京商フェラーリ F1ミニカーコレクション3 より
フェラーリ F2008 でした。


明日アップできるかな?(がんばります。)
今日も今日とて時間なし(今度こそは新しいネタを・・・・) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ!)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。