FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダーバード2号 エフトイズ サンダーバード メカニック・コレクション

FT-Thunderbird-02-07-1.jpg
本日は、F-toys サンダーバード メカニック・コレクション より
サンダーバード2号 です。


前回と、F-toysつながりで サンダーバード メカニック・コレクション、サンダーバード2号をばアップする事にしました。(本当は、余暇の工作室(プラモデル)さんサンダーバード2号カットモデル完成記念!としてまたまた勝手に盛り上がるつもりでしたが、ウルトラホーク1号の時みたいに間に合わなくなるので、さっさとアップする事にしました。)

FT-Thunderbird-02-02-1.jpg


チャンチャカチャ~ン チャカチャンチャン チャンチャカチャンちゃんチャ~ン・・なんつーフレーズが懐かしい・・・(ワシラその昔NHKで見たからチャンチャカチャ~ンじゃけど 民放で見た人は(歌付き) サンダーバード 青く光るひろい 宇宙うううへ 行け風を巻いてーじゃったですね~〔実際はテレビで見た時歌詞なんてさっぱり聴き取れなかったんでスけどね!〕)サンダーバード2号です。

FT-Thunderbird-02-02-2.jpg

そういや昔、下唇だけ動かして頭を前後左右に振りながら「サンダーバード1号より2号へ、サンダーバード1号より2号へ、」「はいパパ」なんて言って、スコットやバージルのモノマネをしたものさ。(筋肉少女帯、元祖高木ブー伝説の歌詞みたいになりました。)

FT-Thunderbird-02-01-1.jpg

2009年08月発売当時、1個630円(税込、当時消費税5%)・・・高け~!・・・なんて思ってましたけど・・・・・今となっては630円・・・普通やんか・・・けど・・今でも高~いです。全5種フルコンプリート・・・っと生きたかのですが、何故か4号だけが入手出来ませんでした。(4号はそれほど人気でも無かったので、後で買ったらエエわいと思ってましたけど・・・失敗しました。)

FT-Thunderbird-02-01-33.jpg


食玩具のサンダーバード2号はコナミ SFムービーセレクション サンダーバード2号がエエんじゃ無いかと思ってましたが、このF-toysのサンダーバード2号は、ボリューム、フォルムその他・・・食玩具サンダーバード2号ナンバーワンネェ!っと思ったりました。(まっ値段もコナミ版の2倍もするじゃけ出来も良くないとイケないですけどね!)とにかく、見て楽しく、遊んで楽しい納得の一品なのでした。・・・・本日も時間無し、ここらでアップ致します。

FT-Thunderbird-02-03-1.jpg


それでは、サンダーバード2号 について・・・

サンダーバード2号(サンダーバード2ごう)は、SF人形劇『サンダーバード』に登場する架空の超音速有人原子力輸送機(原子力推進機)である。メインパイロットは、トレーシー一家の三男バージル・トレーシー。機体色は濃緑色がベース。
作品に登場する多くのメカの中でもジェットモグラと双璧を成すほどに人気が高く、日本国内でも多くのグッズの商品化が行われた。

FT-Thunderbird-02-04-1.jpg


救助活動に必要な装備を輸送する為の大型輸送機。先行発進したサンダーバード1号等の指令により、カテゴリー別に必要装備、機材をあらかじめ搭載したコンテナポッドを発進時に適宜換装することで、出動時間を短縮している。
機体自体が揚力を生み出すリフティングボディと、安定揚力を得る為の前進翼、VTOL機能を採用。ただし、リフティングボディは後付設定であるため、コンテナを外して胴体に大きな穴が開いた状態でも問題なく飛行している。

FT-Thunderbird-02-05-1.jpg
2号ポッド(5番装備)&1号セットでアップしたかったけど出来ませんでした・・・あしからず

とあるオモチャの説明書などに、2号のコンテナ展開用の伸縮式の足↑の事を、ランディングギアと書いてありましたが、ランディングギア=〔降着装置(こうちゃくそうち)とは、航空機の機体を地上で支持する機構で、そのうち特に着陸の際の衝撃などを受けられるものを指す〕と書いてましたので、それが本当なら2号の足はランディングギアじゃなくてオートジャッキと言った方がエエかも・・・知らんけど。コンテナの下のコロ走行用の缶詰を並べたようなタイヤの方がランディングギアに近い感じが・・・・何の確証も知識もなしです。
FT-Thunderbird-02-11-1.jpg


巨大機、高重量ながら高速、安定飛行を実現する。なおコンテナポッドを外した状態でも飛行可能である。設定上の大きさは全長、全幅、全高ともに実在する巨大機のボーイング747に非常に近く数メートル異なるだけである。が、実在の飛行機とは比べ物にならないほど胴体が太く、相対的に翼は小さい。そのためリフティングボディと言う設定が後付された。

FT-Thunderbird-02-08-2.jpg


本機には輸送機としての機能だけでなく、救助活動拠点の為の様々な設備が搭載されている。
簡易宿泊施設(乗員用)
簡易研究所(同施設を搭載したコンテナポッドもある。)
その他、護衛用のミサイルポッド(コクピット後部上面)、周囲監視用のビデオカメラ(機首)、ワイヤーガン、ウィンチ式耐熱救助用ケージ、電磁式捕獲クレーン(以上コクピット下部)等が装備されている。これらを活用する事で、同機自体を用いた救助活動を行う場合もある。さらに劇場版「サンダーバード6号」では、コクピット下からマシンガンを出し、敵アジトを跡形もなく破壊した。・・・解説文は全てフリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)文引用 最終更新 2018年7月19日 (木) 19:2。

GEAS-AT50-655.jpg
スコットとバージル、前にこんなのにも乗ってましたね!


本日は、F-toys サンダーバード メカニック・コレクション より
サンダーバード2号 でした。


明日アップできるかな?(がんばります。)
今日も今日とて時間なし(今度こそは引っ越し漏れF2008です・・・多分) 
よって画像アップだけという感じです。(いっつもじゃ!)
今回も仕事で見るだけシリーズです・・・・・・(ろくなコメント無しと言う意味)
誤字脱字見逃してください。(時間無しです。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒り男2

Author:怒り男2
大したこと無いコレクター

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。